スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
一体何度目のトラブル?予告編~ウズベキスタンふたり旅その37
ひとまずウズベク日記を続けてみます(^_^;。


さて、走りに走って電車はようやくタシケントへと到着しました。
ずっと遊んでいた赤ちゃんともばいばい。
そんなわたしを見て、相方が一言。


相 方「ほんっっっっっとに、子ども好きなんだね・・・・・・・・・・」
わたし「ほえ?そう??」
相 方「だってさ、ずーーーーーーーーーーーーっと、子どもと遊んでたよね?」
わたし「うん・・・でも、赤ちゃんがこっち向いたときぐらいだよ?」
相 方「いやー子ども好きとは知ってたけど、改めて思ったー」


ふ~ん、そうなんだーって感じ(笑)。
わたし的には普通だったんですけどねー。


さてさてわたしたちはまた迎えのドライバーを待ちます。
行く先々でドライバーを待つのって、ちょっとあいのりっぽくないですか(笑)。
ピンクじゃないから目立たなくて、会えるまで少し大変なんですけど(^_^;。

さて、わたしは少し疲れて柵にもたれかかってたんですよ。
で、どうやらドライバーが見つかったらしいというので、歩き始めようとした、
そのとき・・・・・。







ガトンっっ




・・・・・・ん???
音のした下の方を見ると、わたしのリュックが柵の出っぱりに
ひっかかり、見事に(?)壊れていますっ!!!


あっちゃぁ~~~(+o+)


でも、相方はすでに歩き始めていてこの事態に気づいていません。
うーわー、どうしよ~と、周りを見回すと、一連の流れをずっと見ていた
おじいちゃん、へったくそなウィンクで(笑)
「行っちゃいな~」と合図してくれました。
え?そう?いいかな??と、苦笑いして、手を振りながら逃げました(笑)。
タシケント駅の人たち、ごめんなさい(笑)。


さて、ドライバーは今までで一番若い兄ちゃん。
英語も少しは話せるようです。
そしてその兄ちゃんの横にはこれまでの行程がずっと一緒だった
日本人夫婦と、その人たちについている日本語ぺらぺらな
現地ガイドの兄ちゃんがいました。


…この現地ガイドが、わたしたちにこれから衝撃的なことを告げるのです。。。。



つづく。



テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

【2009/02/13 18:00】 | 旅して | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<帰ってきました~ | ホーム | 海外を旅して思うこと>>
コメント
うわ すごい気になる!
こんなところでとめるなんち酷だわ!
【2009/02/14 10:36】 URL | あかり #-[ 編集] | page top↑
お、食いついてくれた(笑)。
あかりさん、ありがとうございます~。
でもね、ほら、タイトル見てください。

「予告編」

ってなってるでしょ(笑)。あはは。
今日その結果を書きました~。

いやぁ、ほんとにテンぱりましたよ。
あんなに英語をしゃべったのも初めてだし、
あんなに英語をしゃべってるのを相方に聞かせるのも
初めてでしたしね。
それがまたいやでしたね(笑)。

えーと、わたし的にこれから朝ドラのような
連載を目指しますので、このような寸止めを
多用していきたいと思います(笑)。
飽きずによろしくお願いします(笑)。
【2009/02/14 23:32】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/970-810b444c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。