スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブハラにばいばい~ウズベキスタンふたり旅その35
9月22日。いよいよ帰国日です。
ブハラを発ってタシケントに行き、夜には日本への飛行機に乗ります。
でもこの日がまた長いしもりだくさんなんだ…(^_^;。
お、終わるかな・・・(・_・;。
でもね、でもね、間違いなく終わりに近づいてきましたよ!
そしてこれからは写真がぐっと少なくなりますよ(笑)。
覚悟のうえ、もちょっとお付き合いくださいませ<(_ _)>。


5時半起床。
前の日もこれでもかってぐらい活動したので、ものすごい
眠気と戦いながらの目覚めです。
頭をはっきりさせるためにシャワーを浴びて、荷づくりして。

まだ朝食の時間ではなかったので、サンドイッチをもらって、
(前の日に交渉しておきました(^-^)v)6時50分、出発です。
行きにも親切にしてくれたドライバーのおじちゃんが迎えにきてくれました。

このおじちゃん、ウズベキスタンで会った人の中でも3本の指に
入るぐらい英語が堪能。
なので駅に向かうまでにもいろいろお話をしました。
これまで不思議に思ってたことを質問したり…(笑)。
やっぱりカタコトではあっても、英語だと意思疎通ができますよね。
これってすごいよな~と思います。
(スペイン・・・大丈夫か(・_・;??)



駅に着くと、予定する電車の時間にはずいぶん余裕があります。
またサマルカンドのときみたいに置いていかれるかな~と思ったけど、
今度はずっと一緒にいてくれました(^-^)。
その間もずいぶんいろいろお話しましたね~。
プーチンのお父さんがブハラの生まれ?だかブハラで働いてたことが
あるとかで、プーチンが大統領になって最初に訪れたのはブハラなんだ、
とかっていうトリビアとか…(笑)。
もう時間経っちゃったので記憶があいまいですけど(^_^;。

待ってる間に隣にいたファミリーがおじちゃんに話しかけてきて、
わたしたちもおじちゃんを通訳にいろいろ話したりしました。
そのファミリーのお父さんは韓国で仕事してたことがあるとかで、
わたしたちが

「おーアニョハセヨ!」

とかって言ったら大喜び(笑)。
その後に韓国語でぺらぺらぺらっとしゃべられたけど、
当然のごとくわかりませんでした(笑)。

そんな親切なおじちゃんは…

uz288

こんな人でした(*^_^*)。

電車が来て、最後まで荷物を運んでくれて、握手をして、
お礼を言って、ばいばい。
親切なおじちゃんも、ウズベキスタンで一番長い時間を過ごした
ブハラにもばいばいです。

さぁ、またまた長い電車の旅ですよ~。



つづく。



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2009/02/10 20:30】 | 旅して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<バルセロナから・・・オラ! | ホーム | ライトアップされた世界遺産~ウズベキスタンふたり旅その34>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/968-bfc23578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。