スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今年最後のお願い ガザのこと
大晦日ですね。
今年最後の一日。
またお礼とご挨拶は改めて、と思いますが、今年最後の日に
ひとつお願いをさせてください。
強制ではもちろんなくって、お願い。
それと、読んでもらえたら嬉しいなということです。


内容はタイトルにも書きましたように、ガザのことです。

「あ~そういうのちょっといや~」

という方は飛ばしてくださいませ<(_ _)>。


では、続きです。



連日報道されている通り、今ガザではイスラエルによる空爆が
行われており、パレスチナの人たちが多数亡くなっています。
パレスチナ側のハマスがイスラエルに対してロケット砲撃をしているため、
それに対する自衛だというのがイスラエルの「正当」な理由で、
国際社会の多くがそれを支持しています。

でも、そのロケット砲撃による被害は、この3日間で民間人2名の死亡と
負傷者が数名です。
かたやイスラエルの空爆によって、パレスチナの人々は300人以上が
亡くなっており、負傷者も膨大です。
2名だからいいってわけではもちろんありません。
ハマスも即時にロケット砲撃をやめるべきだと思います。
でも、やっぱり「自衛」にしてはやりすぎじゃ…ないですか?
これって、自衛というようり攻撃じゃないでしょうか?

そして、この空爆の前から、イスラエルはこのガザ地区を封鎖し、
パレスチナの人々の生活に重大な支障をきたしてきました。
そのことに対する署名活動がネット上でもあり、それをここで
紹介しようと思っていた矢先、わたしのパソコンが壊れ、そして今度は
空爆が始まってしまい・・・(-_-)。。。
でも、今もそのガザの封鎖の解除を求める署名は続けられています。
空爆がやめられることが緊急の課題ではありますが、外国にいる
わたしたちが、パレスチナで起こっていることに対して無関心じゃないよ、
と伝える手段のひとつが、この署名なのかなと思っています。

便利なことに、今はオンライン上でも署名ができます。
署名のためには住所や実名を記入する必要がありますが、
ネット上では非公開にすることができます。
そのページで呼びかけられている文章の一部を、転載します。


パレスチナ自治区のうち、東京23区の半分ほどの面積に約150万人が住むガザ地区は境界の出入りを実質的にイスラエル側にコントロールされており、 2000年のインティファーダ再燃以来しばしば厳しい封鎖が行われてきました。特に2007年6月にハマースがガザ地区の実権を握って以来、境界封鎖が強化され、人の往来はほとんど不可能となり、小麦粉などの基本的な食料や医薬品、燃料を除いては実質的に物の搬入が止められ、それらの物資の輸送も厳しく制限されることになりました。また、ガザ地区からは一部の武装勢力がロケット弾をイスラエル南部に撃ち込み、それへの報復としてイスラエル軍がガザ地区を砲爆撃して、双方の一般市民に多数の犠牲者が生じてきました。

イスラエル政府とハマースは2008年6月に停戦合意を結びましたが、経済封鎖はほとんど緩和されていませんでした。最近でも11月4日にイスラエル軍は越境攻撃用のトンネルを発見したとしてガザ地区中部に侵攻、また空爆を行い、ハマースの戦闘員を殺害しました。それに対する報復としてハマースはイスラエル南部にロケット攻撃を再開しました。イスラエル政府はさらにガザのすべての検問所を封鎖し、食料・燃料の搬入も禁止しました。ガザ地区の人口の半分を占める難民への食料配給を行っている国連の食料輸送も禁止され、11月13日には,備蓄食料が底をついて国連の食糧配給も停止されました。さらに,ガザ地区の電力需要の四分の一を賄う火力発電所の燃料も搬入されず、停電が続いています。また、イスラエル当局はガザ地区へのジャーナリストの立ち入りさえも禁止しています。

基本物資の大部分を輸入に頼るガザの人々にとって、封鎖は命を奪われるのに等しいことです。実際,医薬品の不足や重態患者の移送ができずに多くの病人が死亡し、子どもたちには栄養失調が広がっています。特に現在の厳しい封鎖は、多くの人々に生命の危機をもたらしています。

 ガザ封鎖解除のために、日本政府が積極的に働きかけるよう外務大臣に求める署名にご協力ください。



もし、興味を持ってくださって、もう少し見てみてもいいよ、とか
署名をしてもいいよ、と思ってくださった方がいらっしゃいましたら
サイトを見てみていただけたら嬉しいです。

署名→オンライン署名サイト

もう少し情報→パレスチナ子どものキャンペーン
         アムネスティ・インターナショナル日本


長々と失礼しました。



テーマ:私たちにできること - ジャンル:福祉・ボランティア

【2008/12/31 02:00】 | 考えて | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<た~くさんの感謝を込めて。 | ホーム | ただいまぁ>>
コメント
こんにちは。
パソコンの操作だけでわずかだけでも力になれるのなら・・・
という思いで署名を試みましたがエラー(笑)
またあとでやってみます。

正直、世界中で紛争は絶えず起こっていますし、
貧困であえぐ難民は数知れず、
全てに関心を向けていてはきりがないと思ってしまいます。

日本の問題だって山積みだし何より自分ひとりの問題だって、
全く解決できてないわけですから。

でもこうして大事なお友達であるしろちささんが呼びかけているのだから・・・
と、協力したい気持ちになりました。

ひとりが一個、何かに関心をもって呼びかければ、
その友達、家族がそれに従ってたった一人の呼びかけが大きな意志になり。

いつか戦争のない世界が実現できるかもしれませんね。
【2008/12/31 09:16】 URL | やきのり #88l5hJAw[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/31 18:54】 | #[ 編集] | page top↑
やきのりさん、あけましておめでとうございます。
今年最初のコメントのお返事が、こんなに嬉しいものになったこと、
すごーーーく幸せです(*^_^*)。

やきのりさんが書いてくれたこと、全部ぜんぶ嬉しかったなー。
そうなんですよね。
自分のこともできてないし、とか、世界には問題がた~くさんあるし、
とかどうしても思っちゃう。
だからね、わたしは、自分が気になったものに
まず関わろうって決めてます。
そのきっかけはニュースかもしれないし、講演会かもしれないし、
いろいろだけど、「わたし」が気になったものから
まずやってこうって思ってるんです。
で、実はパレスチナのことはもう何年か前からずっと
気になっているテーマで。

なので、やきのりさんがわたしが呼びかけているから、といって
署名をしようとしてくださったことが本当に嬉しかったです。
どうもありがとうございます。

正直なところ、このコメントにはくらっときました(笑)。
そんなわけで今年もよろしくお願いします!
【2009/01/02 17:56】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/925-eaf19a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。