スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
民子
著:浅田次郎

えー、多くの方が「ベタだな」と思ってくださっていると思います(笑)。
そう、もうこれは読むしかないです。
配達あかずきん」の中で、なんとも
ステキな取り上げられ方をしている本です。
読み終わるのに10分もかかりません。
でも、ものすごい愛を感じます。

えぇ、そんじょそこらの恋愛小説よりも、よっぽど愛です。
表題の「民子」以外にも2作入っていますが、それもまたステキ。
民子は人間と猫との関係という点で秀逸ですが、「キャラとトモコ」が
たったこれだけの文章で伝えていることが、なんとも深い。

本当に、じっくりじっくり何度も読みたくなりました。
ぜひ「配達あかずきん」を読んで、その後にこの本を読んでみてください。
あ、逆もありかも。
とにかくセットで読むことを強くおすすめいたします。
はぁ、いいなぁ。。。

4点(5点満点)
こんな旅のお供に:台湾の猫喫茶で??



民子 民子
浅田 次郎 (2001/09)
角川書店

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/30 21:54】 | 読んで | トラックバック(3) | コメント(6) | page top↑
<<小春日和に、ひきこもり | ホーム | 配達あかずきん 成風堂書店事件メモ>>
コメント
こんばんは★
本当にあふれんばかりの愛に満ちた作品ですよね。
大切な何かを想う時、ちょっと心が疲れてしまったときに、
じっくり手に取りたい本です。

P.S.
『配達あかずきん』のコメント、読みました~。
私のおかげだなんて、すごく嬉しいです!!
これからも遊びに来させていただきますので、
こちらこそ、なにとぞよろしくです。
【2007/01/30 22:51】 URL | Rutile #el1ariU6[ 編集] | page top↑
こんにちは~♪
何度も読んでその度に泣いています。(苦笑)
『配達あかずきん』を読んでいなかったらこの本に出会えていなかったので読んでよかった~と思っています。(^^ゞ
また遊びにきますね♪

【2007/01/31 10:50】 URL | 板栗香 #no8j9Kzg[ 編集] | page top↑
Rutileさま

いやー実はものすごく足しげく通っています(笑)。
本を人に薦めるのってすごく難しいからこそ
「六冊目のメッセージ」がどきゅんと胸に響くわけですが(笑)
ブログでお薦めされている本がおもしろいのも
とっても嬉しい経験です。
しかもそのブログの主さんとやり取りできるなんて!!

またおもしろそうな本をおススメされに伺いますね。
ありがとうございました~☆
【2007/01/31 14:27】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
板栗香さま

本から本を紹介されて、そのどっちもが
おもしろいなんて本好き冥利に尽きますよね(^^;。
そういう意味で大崎梢さんという人は本当に
本が好きなんだろうな~と思いました。
なんかものすごい親近感あります(笑)。

わたしもまたおじゃまさせていただきますね!
ありがとうございました~。
【2007/01/31 14:30】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
ページをめくっていくだけで涙が出てきました。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
【2009/02/22 05:39】 URL | 藍色 #-[ 編集] | page top↑
藍色さん、はじめまして。
おはようございます。

何というか…。
こんな辺鄙なところまで、ようこそ(笑)。
えーと、この本で検索するとうちのブログが出るのかな?まだ??
すごいな~それ。
2年以上も前に書いた記事なのになー。

最近はあまり読んだ本の記事を書くこともなく、
ましてやそのトラックバックも全くしていないのです。
ご期待に添えずすみませんが、ご理解いただけたら嬉しいです。

ご訪問ありがとうございました。

【2009/02/22 09:14】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/80-59d8c3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『民子』浅田次郎
シェアブログ1152に投稿おおおう…感・涙!!です。民子ぉ…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 売れない作家の唯一の読者は、飼い猫の「民子」だった。ようやく原稿が売れ始めた頃、彼女は行方知れずになってしまう。 道草読書のススメ【2007/01/30 22:44】
浅田次郎  民子
民子浅田 次郎『配達あかずきん』の「六冊目のメッセージ」に登場した本がこの『民子』です。入院している娘にどんな本を差し入れすればいいか迷っていた母親が、店員のアドバイスを受けて選んだのがこの本。猫が出てくる本で泣ける話だとは聞いていたけれど、ここまで涙し マロンカフェ ~のんびり読書~【2007/01/31 10:46】
民子 浅田次郎
売れない作家の原稿が売れ始めた頃、 唯一の読者の飼い猫は行方知れずになります。 作家が長編小説の仕上げにかかっていた寒い夜、 ぼろぼ... 粋な提案【2009/02/22 05:21】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。