スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
文豪たちを見てきた宿~熱海旅日記その7
さて、次に進むは文豪たちのそれぞれを展示した部屋です。
「この宿でこの作品を書きましたよー」とかいろいろ。
太宰はここで「人間失格」を書いたんですって。へー。

部屋の入り口にはこういうのがついています。

atami61


部屋ごとにデザインもちょっとずつ違うんだけど、尾崎さんのお部屋は
赤!赤!赤!でした。

atami60


宿のお部屋でこれは珍しい。
ポスターなんかも貼ってあったりして。

atami59


江守徹、若っ!!
ほかのお部屋には、こんなお宝ショットもありました。

atami57


すんげーメンツ!
日本文学に詳しくないわたしでもみんな知ってるよー。
これまたポーズがかっこいいではないですか。
ここのお庭で撮影されたものです。

撮影者のお話がパネルになっていて、それを読むとまた「へー」。
この起雲閣が宿をやめて熱海市が莫大なお金をかけて買い取ろうとしたとき、
市民からはものすごい反対があったんですって。
まぁそれもわからんでもないぐらいの莫大な金額。
でも、その人たちへの説得にもこの写真は使われたんですってよ。
こういう日本の文豪が愛した宿です・・・みたいに。
この写真を見ちゃうと、なんだかそういう場面で使われるのがおかしくない
ぐらいの威厳を感じてしまいますね。

そしてお部屋から見るお庭もまぁ見事だこと!

atami58


こうやって保存して観光用に残してくれて、よかったなぁ。
なんだか文化と歴史を感じられます。
熱海市民のみなさん、どうもありがとう。

つづく。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2007/08/27 12:18】 | 旅して | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<なんでかなぁ? | ホーム | 追いつかない!>>
コメント
どうしよう、子どもの頃太宰・谷崎にかぶれた私はすごく行きたくなってしまいました。
ここのために熱海へいってもいいとおもうくらいに素敵なところですね。
商業用に手を入れられ残念な結果に終わることなしに保存されているのは素晴らしいですね。
ほんと、熱海市民のみなさんに感謝ですねー。
熱海って1日では回りきれないくらいに見どころが多そうなので
やっぱり長期休暇を取ってゆっくり温泉につかりながらいってみたいなあ。
【2007/08/27 13:39】 URL | るぴ #-[ 編集] | page top↑
いいでしょう(^-^)?
そう言ってもらえると、相方にあきれられながらもたくさん
写真を撮ってきた甲斐があります。うふふ。
これまで毎年熱海に行っていたのに、こういう観光地はほっとんど
見たことなかったし、行こうとも思わなかったんですよね。
でも、思わぬアクシデントで今回はまた別の楽しみかたができました。
そして熱海の奥深さを改めて感じました。

海に入るだけでもいいし、温泉につかるだけでもいいし、
おいしい魚を食べるだけでもいいし、こうやっていろいろ
観光するのもいいし、島に渡っちゃってもいいし。
あぁ、いいところだなぁ。熱海。

文豪好きにはたまらんところだと思いますので、
ぜひぜひお試しくださいませ。
でもとりあえず日帰りでも行っちゃう!ってのも
ありなような気がしま~す(*^0^*)。
【2007/08/27 18:24】 URL | しろちさ #-[ 編集] | page top↑
しろちささんこんばんわー

「金色夜叉」の舞台は熱海でしたね。
たしか登場人物のお宮・貫一の像がどこかにあったはず…

場面は以前うちのブログで書いた、
「来年の今月今夜は~」って場面だったと思います。
【2007/08/27 23:15】 URL | ヘタレオオカミ #wjeVlEzs[ 編集] | page top↑
わたしもね、このポスター見たときにヘタレオオカミさん思い出したんですよ。
でもお宮と貫一がこの話の人だったとは!
えぇえぇ二人の像はサンビーチのすぐ近くにありますよ。
でもその像はその像としてあまりにおなじみで、金色夜叉とは結び付かなかった!

ヘタレオオカミさんが書店員さんの技術を思う存分発揮した
あのエピソード、なんだかもう懐かしいですね…。
新しいお店にはもう慣れましたかー?
【2007/08/28 12:28】 URL | しろちさ #-[ 編集] | page top↑
卒論が
太宰だったんですよね~。。。
ほんと太宰好きでした、あの頃。

どの作品をとりあげるか迷った末に『人間失格』にしたのですが、論文の副題が「主人公を取り巻く女の情念」・・・

当時好きだったマニアックなマンガの主人公が
ふと手にとっていた小説のタイトルに「女の情念」という
言葉が使われていて、どーーーしても自分もコレを
使いたい!と思い、
イキオイだけでつけた副題で。結局、卒論を書き上げるのにものすっごく苦労しました(汗)
【2007/08/28 19:16】 URL | はてるま #-[ 編集] | page top↑
「女の情念」・・・(笑)。
どうしても入れたい、ってところからタイトルに入れちゃうところが
さすがはてるまさんです。
かっこいい!

しっかしその論文、ぜひとも読んでみたい気がします。
女の情念から「人間失格」を読む・・・。
なんてエキサイティングなんだろうか(笑)。
【2007/08/29 00:35】 URL | しろちさ #-[ 編集] | page top↑
ほんと、すごいメンツですね~
この3人は仲がよかったんでしょーか??
日本文学は結構好きですが、文壇の人間関係はさっぱりわかりません(笑)。

そうそう、こないだ僕も熱海行ってきたんですよ。
台風で電車が全面ストップするような日で、
観光できなくてボウリングしてましたが。
【2007/08/30 23:14】 URL | DONEGAL #-[ 編集] | page top↑
DONEGALさん、何ごともなかったようにおかえりなさい(笑)。
またお話できて嬉しいです。

この3人の仲、どうなんでしょうねー。
でも見たときに一気にテンションは上がりました(笑)。
その横に添えられている説明も一生懸命読んじゃいましたもんね。

そして、おおっと!
DONEGALさんも熱海に行かれましたかー。
いいですねぇ、いいご趣味ですねぇ。
(自分が好きなだけなのに(笑))
でもそこでボーリング・・・やっぱりDONEGALさんだ(笑)。

お仕事相変わらずお忙しそうですが、お体には
気をつけてくださいねー。
【2007/08/31 18:44】 URL | しろちさ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/301-97bccf45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。