スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お墓まいり
共通の友人のお墓まいりに、相方と向かっています。

彼の享年、23歳。
そのとき20歳だったわたしは、彼の年齢をずいぶんと追い越してしまいました。

今日はものすごく暑いけど、久々にあいさつしてきます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/08/04 14:20】 | 考えて | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<民謡を聞きながら | ホーム | 緑にうっとり~プサン日記その8>>
コメント
それは・・・
本当にお若い時に亡くなられたんですね、お友達・・・

亡くなった方への一番のご供養は
「その方のことを忘れないこと」だと聞いたことがあります。
毎日でなくても、その方の事を思い出すだけでもいいんですって。

おふたりでお参りをされて、お友達には
本当にいいご供養になったと思います。
私も大好きだった母方の祖母の事を折にふれて思い出します。。。
【2007/08/05 02:46】 URL | はてるま #-[ 編集] | page top↑
はてるまさん、ありがとうございます。

そうですね、忘れないこと。
彼の命日は先週だったんですが、相方もわたしも都合が
つかなかったので昨日行ってきました。
でも先週、相方はほかの友だちから「行かない?」と誘われてました。
みんな、ほんとに覚えてるんですよね。

昨日はその彼のことをいろいろ話しながら行きました。
もう彼が亡くなって何年も経って、思い出すたびに泣ける・・・という
時期は過ぎました。
だから、あんなことがあったね、こんなこともあったね、って
いつもよりもたくさん思い出しながら、笑って話すことが
ちょっとでも供養になったらいいな、って思いました。

お花は仏花じゃなくて、ふつうの花束にしました。
ひまわりが入ってるすごくかわいらしいもの。
彼は照れてたかなぁ・・・。
すごく熱くなっている石に水をたくさんかけて、おそうじして、
また来るね、って言って帰りました。

また来年、行きたいと思います。
【2007/08/05 11:19】 URL | しろちさ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/267-f513f6f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。