スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ほめられることの苦痛
昨日も残業の予定だったんですが、かなり体調が悪かったので
少し早めに帰りました。
そしたら、相方と一緒にご飯を食べることができました。
で、いろいろと話したんです。

相方は元々「ほめられてのびる」と公言してはばからないタイプです(笑)。
けなされたらダメ、とりあえずほめられて調子に乗って、それで
勢いがつく人なんですよね。
こう書くとバカみたい(笑)?いやいやそんなことはないんですが。

その相方が、です。
ぽつりとつぶやくわけですよ。

「なんかすごい評価してもらうんだけどさぁ・・・。あんまり喜べないんだよね」

おぉぉぉ!これは事件です。
こんなことを言うのは初めて聞きました。
最近かなり仕事で落ちてるし、ちょっとゆっくり話すときかなと思いました。
で、原因は思い当たるのー?とか、いつから?とか、いくつか聞き始めました。

「ちっちゃいことはいくつかあるんだけどね・・・。でもきっと根っこのとこが
あるんだろうな。それがわかんないや」

とのこと。

わたし「じゃぁ、ちっちゃいことにはどんなのがあるの?例えば」
相方「うーん・・・○○とかかな。あぁでも・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・。・・・・・・・(かなり悩んでいる様子)。
そっか、これかも」

と、ずっと誰にも言えなかったということを言えたんですよね。
それは彼の問題だからわたしがここで書くことはできないけど、
でもわたしにも思い当たることがあることで。

これまで薄々思ってはいたそうなんですが、なんとなく
目をそむけてきたらしいんですね。
わたしに話したからってそれがどうなるもんでもないんだけど、
でもまず口に出せたこと、自分の中で明確になったことは
けっこう大きな一歩なんだろうなぁと思いました。

最近残業ばっかりでゆっくり話す時間が取れない日々ですが、
やっぱりこういう時間は大切だし必要だなぁと感じました。

テーマ:仕事 - ジャンル:就職・お仕事

【2007/07/10 12:16】 | 考えて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<読書の影響 | ホーム | かきカキ牡蠣>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/235-518132d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。