スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
エドワード・サイード OUT OF PLACE
昨日観てきた映画です。

元々映画はすごく好きなんです。
特に学生時代は家の近くのレンタルビデオ屋さんが1本95円という
激安で1週間貸してたこともあり(笑)、見まくってました。
でも家で映画を観るだけの時間を確保するのがだんだん難しくなってからは、
本にそれがシフトしました。
通学時間が2時間ぐらいあったので、行き帰りで2冊読んだり(^^;。

というわけで、今も本はものすごく読んでいますが、映画は
なかなか観れずにいます。
そんな久々の映画にしちゃぁ、渋いでしょ(笑)。
行ったのはポレポレ東中野
これまた渋い、よい映画館です。
内容はこちらを。

パレスチナで生まれた彼の言葉をこのHPから引用します。

「あるべきところから外れ、さ迷い続けるのがよい。
決して本拠地など持たず、どのような場所にあっても
自分の住まいにいるような気持ちは持ちすぎないほうがよいのだ」

パレスチナ・イスラエル問題についてさっぱり~という状態だと
けっこう厳しいですが、興味のある方はぜひどうぞ。

たまたま助監督のナジーブ・エルカシュさんのトークを聞けたのは
ラッキーでした。
アイデンティティーという日本人がきちんと考えることが少ない、
でもとても大切なことを話してもらえました。

・・・あなたのアイデンティティーは?と聞かれて、すぐに答えられますか?

テーマ:ミニシアター系 - ジャンル:映画

【2006/11/27 20:25】 | 観て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「日本」のことを尊敬するとき | ホーム | 結果報告>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/19-0451fc3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。