スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
恋愛写真―もうひとつの物語
著:市川拓司

電車の中ですでに泣いていました。
降りる駅になって、一度本をかばんにしまいました。
改札を抜けるというやるべきことを終えたら、涙が止まらなくなりました。
家に帰るまでしゃくりあげ、泣きながら帰りました。
ハンカチは持ってないので(^^;、ティッシュで涙をふき、
鼻をかみながら、嗚咽をもらして。

知り合いが見ていたら、ついに相方と破局か?と思われたでしょう(笑)。
やっぱりこの人すごいです。
市川拓司。
この人にはちょっと思い入れがあります。
こんなに売れるなんてまったく思いもしなかった10年近く前、
わたしは彼の発行するメールマガジンを購読していました。
「いま、会いにゆきます」はそれで読みました。
途切れ途切れで届くメールです。
当然感情の盛り上がりは小説を読むのとは違います。
それでも。
最後の2通ぐらいは、パソコンの前で号泣してました。
何度も何度も読み直しました。
そのときも「よかったら本を買ってください」って書いてあったけど、
まさか買う人がいるとは思ってませんでした。
で、あれよあれよと言う間に「本を出版できることになりました」、
「おかげさまでたくさんの人が買ってくれています」。
気がつけば映画化、そして大ブレイクです。

「いま、会いにゆきます」がヒットしていた頃、仲良し4人組で
この映画の話になりました。
大絶賛したわたしと男の子(笑)、あとの女性陣2人は「ありえない」って
とこでバッサリ!でした。

それでいえば、今回のお話も「ありえない」んですよね。
でも、ありえない前提はありえないとしても、その状況で起こるだろう
「感情」はすごくリアルなんです。
死ぬとか生き返ったとかそういうことは置いておいても、大切な人に対する
気持ちとか、自分の感情とか、そういうところが痛いぐらいに響いてきて、
感情がどわーーっと止まらなくなってしまうんです。

・・・でも、相性もあるんだろうなぁとは思います。
わたしは、この人の世界観や会話にほれ込んでいるみたいです。
「いま、会いにゆきます」がよかった人はぜひ。
ティッシュの準備も忘れずにね。

5点(5点満点)
こんな旅のお供に:とにかく心置きなく泣ける場所で!
TBさせていただいたサイト:
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!



恋愛写真―もうひとつの物語 恋愛写真―もうひとつの物語
市川 拓司 (2003/06)
小学館

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/05/29 21:17】 | 読んで | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
<<見るべきか、見ざるべきか・・・ | ホーム | 勝手にしやがれ>>
コメント
しろちささんにとっての市川拓司・・・私にとっての浅田次郎と同じような感じなのかなあ。『壬生義士伝』を読んでいる時って、
改札を出た後のしろちささん状態なんです、私も。

市川拓司さんってポッと出てきた作家さんだと思ってましたが、10年前から活動されてたんですね。意外な下積みの長さに驚きました!

【2007/05/29 21:59】 URL | はてるま #-[ 編集] | page top↑
はてるまさん、こんばんはー。

壬生義士伝、よかったですねぇ。
浅田次郎はわたしもやっぱり泣いちゃいます。
でも市川拓司まではいかないから・・・。
こりゃやっぱり相性ってもんですかね。

10年は言いすぎかもしれませんが(^^;、
メールマガジンで地道に作品を発表して、
それが読者の反響を呼んで・・・って形だったと思います。
そこに知らず知らず(消極的にでも)加わったというのは
やっぱり思い出深いのでした。
ってことは相性+ひいきかな(笑)?
【2007/05/29 22:29】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
しろちささん
こんにちは~♪
この本は電車では読んじゃいけない本ですよね~。カフェとかも結構キツいですよ~。でもそんなに泣いて泣いて帰れるのはちょっとうらやましいです。
「いま、会いにゆきます」を「ありえない」とかいう人っているんですね!!びっくり。あれを見た日にはもう号泣間違いなしですよ!それが人の道ってものでしょう、あぁものでしょーー★
【2007/05/30 11:53】 URL | やぎっちょ #-[ 編集] | page top↑
Rutileさんと対談したやぎっちょさん、こんにちは(笑)。

はい、それが人の道だと思いたいですー。
だってあの映画は、オープニングで男の子が自転車に乗って
回想しているところを見ただけで涙が止まらなくなりましたから(^^;。
本のいろんなこと思い浮かべたらもう、なんか
涙ダム決壊って感じでした。

家に帰って、残りの少しを読んでまた大号泣していたわたしに
相方はいつものことかとほっといてくれましたが、
さすがに駅から電話して泣いてたときは真剣に
「なに?なにがあったの?どうした?」
ってびびってました(笑)。

市川さん、人騒がせな本はダメだよー(笑)。
【2007/05/30 12:07】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/189-a4c499b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
恋愛寫眞 市川拓司
恋愛写真―もうひとつの物語■やぎっちょ評価コメント恋をしたら死んでしまうとしたらそれでも、あなたは恋をしますか?クライマックスに近づくにつれて、せつなく、少し虚しく、哀しく、たまらない気持ちになります。泣ける。「いま、会いにゆきます」同様、ク.... &quot;やぎっちょ&quot;のベストブックde幸せ読書!!【2007/05/30 11:54】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。