スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オー、マイ、ゴッド
ヒューストンでの乗り換えをスムーズに済ませ、ほっと一息。
この日のうちにコスメル島に渡るので、出国審査でもたつくとつらいんですよね。
アメリカは乗り換えだけなんだからさらっとやってくれりゃぁいいのに、
いろいろチェックポイントがあるのですよ。。

で、30分ぐらい出発が遅れて、カンクンへ。
まぁこのぐらいなら大丈夫でしょ、と飛行機を降りて絶句。
後ろの人が叫びましたよ。


「オー、マイ、ゴッド・・・・・・・・・」





この言葉はこういうときのためにあるんだなって思いました。
パスポートチェックの出国審査場が、あふれんばかりの人、人、人…。
こんな状態はさすがに初めてみました。
ものすごい人の熱気。
何これ。

でもしょうがないのでとにかく並びます。
このとき18時半過ぎ。
フェリーの時間は22時で、空港からはだいたい1時間ぐらいのはずなので
まぁまだ余裕があります。
どんなに遅くても21時に出られれば大丈夫だろうと。
さすがにそこまではかからないだろうと。
それで本を読みながら並びました。


でも…。
進まないんだ、これが。
で、騒ぎ始めるアメリカ人。
まるで大リーグのスタジアムみたいですよ(笑)。
指笛、手拍子、ブーイング、「Hurry up!」の声、合唱…。
なんなんじゃ、こりゃ。

15時間ぐらいのフライトの後に、立ちっぱなしで、ものすごい暑くて、
そんな環境。
しんどいです。とっても。
それでついに気持ち悪くなってその場にしゃがんだら、後ろに
並んでた家族連れのアメリカ人おばちゃんが、荷物見ててあげるから
そこに座ったら、と言ってくれて。
最初は遠慮したのですけど、2度目でお言葉に甘えました。
いや、ほんとにしんどかった。

で、結局2時間半。
フェリーには間に合わずに、プラヤデルカルメンというフェリーの出る
町まで行って、そこで1泊することになりました。
次の日朝早いフェリーで渡れば、翌日からのダイビングはできると
いうので、まぁオーケイでしょう。


coz1


とりあえずだけの支度をして、疲れきって、寝ました。
いきなりの波乱だけど、まぁ宿も旅行会社が手配してくれたし、
このぐらいのトラブルなら別に動揺もしませんわな。
翌日のダイビングができないって言われたらそりゃ困っただろうけど。


だいぶ旅に慣れたなぁと思うのです。



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2010/05/16 23:42】 | 旅して | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<午前さま | ホーム | こんなことも珍しい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/1471-20494052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。