スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
セノーテにもぐる~メキシコひとり旅その3
9月19日、メキシコ2日目。
ついについについに、生まれて初めてのファンダイビングです。

たまたまカンクンに行くことになって、調べたらダイビングが有名で、
じゃぁやろうかなと思ったのはこれまでも言ってきた通り。
でも、それなら体験ダイビングでもよかったんですよね。
実際、最初はそうしようと思いました。
でも、調べるうちに、「セノーテ」というところでもぐるためには
ライセンスが必要ということがわかったんです。

セノーテとは…


セノーテ (cenote) は石灰岩台地の陥没穴に地下水が溜まった天然の井戸、泉のこと。




wikiより。
淡水だから、その透明度たるや大変なことになっていて!!
それもどこにでもあるもんじゃないということがわかると、やっぱり
せっかくならそこでもぐりたいと思ってしまって。
それでライセンスをとったのでした。
で、晴れてライセンス取って最初のダイビングがそのセノーテ、と。
仕事早ぇ(笑)。

…と、前置きはこのぐらいにして、旅日記です。



5時40分に起きたわたしを襲ったのは、猛烈な頭痛でした。
あまりの頭の痛さに目が覚めちゃうぐらいの痛さ。
なんじゃこりゃ~。
でも、痛みをこらえて支度。


can17

そんなわたしをきれいな朝焼けがなぐさめてくれました(*^_^*)。

can18

昨日の夜景とまた違って、いいなぁ…。



ホテルの近くに唯一あると言ってもいいお店、サンドイッチ屋さんへ行きます。
まだ7時前というのに、出勤途中と思われる人たちでお店は大盛況。
一番基本のサンドイッチを頼みました。
持ち帰ってホテルのロビーで迎えを待ちながらぱくぱく…。
う、うまいっ(゜o゜)!!
ちょっと辛かったけれど、いやぁメキシコのご飯おいしいです。


今日のセノーテは親子づれ3人とハネムーンらしきカップルとわたしの6人。
車でセノーテへと向かいます。
当然、車内では爆睡です…(笑)。





can19

鳥のさえずるこんな道を歩いていくと…。

can21

セノーテの入口に到着!

can22

見てください、この澄んだ水を!!

can23

こんな中に入れるなんて…。
奥の方に、小さなカメが泳いでいるのが見えました。
写真は撮れなかったんですけどね(^_^;。


さぁ、いよいよもぐります!!

can1

有名な光のカーテンの中を泳ぐダイバーの姿が幻想的…。

can24

これ、普通に水の中ですよ??
水ないみたいじゃないですか!?

can25

あぁ、カーテンがさしてるなー。
こればっかりはお日さまが出ないとどうにもならないので、
ほんとに嬉しかったですー。

can26

こんなところをもぐれるなんて、もう最高!


淡水なので透明度100メートルとかものすごいことになってるんですけど、
途中、潮の流れがまざるところがあるんですね。
そこは逆にもうぐわんぐわんって感じなの。
海の中の視界が悪いのとは違うんです。

まるでね、モネとかルノアールとか、印象派の人の絵の中に
もぐりこんじゃったような感じ。
あれまた不思議な体験でおもしろかったなぁ…。



こんな感じで、1本目のセノーテダイビングが終わりました(*^_^*)。




つづく。








テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

【2009/10/14 23:38】 | もぐって | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<いろいろたまっちゃった | ホーム | ご飯を求めてさまよう~メキシコひとり旅その2>>
コメント
No title
うわ!
めっちゃきれい!

すっげ~こんなとこもぐったら

人生観かわるわ~!



ところでしろちさちゃん
英語ペラペラなんだね~

うらやますい~!!!
【2009/10/15 08:14】 URL | urara #-[ 編集] | page top↑
うららさん、こんばんは。

ふふふーそうでしょうそうでしょう。
何百本ももぐっている親子連れも、とっても感動してましたもの。
こんなの初めてだよ~~~って。
それが1本目のわたし…。
ぜいたくものです(笑)。

>英語ペラペラなんだね~

どこ情報ですか(^_^;?
完全にガセネタですね(笑)。

わたし、しゃべれませんよー。
単語を日本語の発音で連呼するだけです。
あとは指差しでなんとかなってます。
ひとり旅なんてしててもそんなもんですね。

【2009/10/15 23:35】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
うそや

単語ならべただけでは通じへんよ(>_<)


日本人慣れしてる都市なら通じるけど、メキシコやUzbekistanなんかじゃ(-.-;)通じひんはず(;_;)


インドは通じへんかったよぉ(泣)
インドの空港は通じた(笑)だけど、ホテルマンやシェフ(フロント以外)やローカルレストランでは通じなかった(笑)

大変だったよぉ(笑)


まず部屋番号があたしのはつおん(笑)悪くてダメだった!

2208って

「とぅとぅおぅえいと」って伝えたら


両肩あげて「あいどんとのぅ」っていわれてた(笑)

だからroomkeyを差し出したら(numberがついてるじゃん?)
「OK」

って(-.-;)



ど~よ(-.-;)



【2009/10/16 06:43】 URL | うらら #-[ 編集] | page top↑
うららさん、信じてー(笑)。

>日本人慣れしてる都市なら通じるけど、メキシコやUzbekistanなんかじゃ(-.-;)通じひんはず(;_;)

うーん、っていうかね、英語が日常的に使われてないところの方が、
通じるんですよ。
インドで通じないのは、インドの人が英語を日常的に使ってるから、
ネイティブの発音に慣れてて、それで聞き取れないんだと思いますよ。

あとねー、メキシコでツアー会社の人がこう言ってました。

「アメリカだと英語しゃべっても『え?わかんない』とか
冷たく言われることがよくありますけど、メキシコではそんなこと
ありませんので、どんどんしゃべってみてくださいねー」

って。
これはメキシコ人がやさしいぞーってアピールとともに(笑)
やっぱり公用語じゃないからだと思います。


で、ヒューストンの入国審査ではやっぱりへなちょこ英語が
通じなくて、書いたり(笑)しましたもんね。
けど、そのおっちゃんはわかろうとしてくれたから
なんとか通じましたけど。

ということで、ほんとにしゃべれません(笑)。


【2009/10/17 21:33】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
な~るほどっそっか
インドはインドなまりの英語だった(笑)
イントネーションがビミョーに違った(笑)

だからか



にしてもっ
インド人の日本語勉強してる人はめっちゃ日本語うまかった(笑)
インドの公用語のヒンドゥ語が日本語に近いイントネーションなんすかね
【2009/10/18 19:54】 URL | うらら #-[ 編集] | page top↑
どうやらわたしが英語しゃべれないことは
信じてもらえましたかな(笑)?

インドなまりの英語かー。
それは逆にちょっと意外でした。
すごい流暢な英語しゃべってるイメージでした。
けど、インドはほんっとにいろんな言語がありますもんねぇ。
ヒンドゥ語が公用語って言っても、実質的には…?って
ところがあるだろうし。。

日本語とヒンドゥ語、似てるんですかね!?
わかんないー(笑)。
けど、それなら英語も通じてもいいような気が…(笑)。


【2009/10/18 23:59】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/1264-7d609960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。