スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ひとり暮らしをいやだと思った初めての瞬間
昨日のことでした…。




※お食事中の方、虫が苦手な方は決して決して読まないでください。













出たんです。
名前を言うのもおぞましい、あの、虫が。


何度も来てくださってる方はご存知と思いますが、
わたしは本当に本当に虫が苦手。
もう生理的恐怖なので、虫を見たり虫が手に触れたりすると、
脳の働きとはまったく無関係なところで腹からの悲鳴がでます。
蚊でさえも、素手ではつぶせません。
ちょっと大きなのになると、ティッシュでも無理。
いらない広告とかを使って、退治します。


そんな我が家に、出たんです。
前に元相方と住んでいた部屋も、ほとんど掃除をしなくて
けっこう汚かったのに、数年間でも出たのは片手で数えるぐらい。
実家でもほとんど出なかったし、だから、大丈夫と思ってたんです。
っていうか、そう信じたかったというか。


それが、出たんです。
ちょうど蚊をつぶそうとしていたら、目の端に写った黒い影。
それも、ちょっと大きいです。
そんなに大きいのは、前の部屋でも出たことありませんでした。
絞り出される悲鳴。
何が起こったのかわかりませんでした。

怖くて、怖くて、怖くて、ベッドの上に避難。
そしてそこから一歩も動けず、手は震え…。


しばらくして、男友だちに電話して、相談。
それを切ってからもまた出てきて、怖くて、もうそのまま
動けないかと思ったのですけど、また相談した男友だちが

「とりあえず窓だけは閉めて(←カーテンのそばで見たので
怖くて近寄れなくて、もう諦めてそのままにしようかと思ってた)
それで今日はもう寝ろ」

とアドバイスしてくれまして。
布団だったらね、正直眠れなかったと思います。
でも、ベッドだったからまだ助かった。


それで、朝もびくびくしながら支度して、職場へ。
昼休みに噴射式の退治用の薬と、ホウ酸団子を買い、
会議を終えて家へ。


そしたらね…。
昨日とほとんど同じ場所に、また、出たんですよ(;O;)。
またも出てくる悲鳴。
(近所中に響き渡ってたけど、そんなのどうにもならない)
とりあえず噴射式の薬を出し続けました。
少しでも遠くから出せるようにノズルタイプを選択してほんと正解。

でも、そしたらそこから逃げて、また別のところに入っちゃって…。
で、そのときに初めて全体像を見たんです。
そしたら、家で見るとしたらもうありえないぐらいの大きさで。。
自分での退治はもうどうやったって無理だと思いました。
怖くて怖くて怖くて怖くて、体はがたがた震えて、
ベットから降りられなくて…。
どうしようかと思ったんですけど、もう今日も寝るしかない、けど、
やれることはやろう、と思って、ホウ酸団子をセット。
で、中に入っちゃったクローゼットも一回ドア?を閉めようと
したら…その陰であおむけに倒れて死んでて…。


またまた響き渡る悲鳴。
死んでてもほんとに怖かった…。
けど、あの虫って恐ろしく生命力強いっていうから、
ほんとにこれで死ぬとは思ってなくて。
だって噴射はたくさんしたけど、やっぱり近くからはできなかったし。
なのでびっくりしたけど、もう、勇気をふりしぼって、その死体の上に
いらない雑誌を落として、見えないように、そして万が一生きていても
もう出てこないようにしました。


その後始末は当然できないので、誰かに家に来てもらえるようにします。
けど、とりあえずはよかった。。
けど、まだやっぱりなんか怖くて、今もベッドの上で
パソコンやってます。
食欲も昨日からなくなっちゃうぐらいショックで、ほんとに怖くて。


もしね、虫を一生怖く感じなくする催眠術をかけてもらえるなら、
100万払ってもおしくないです。ほんと。
かわいこぶってるとか言われてもどうにもならない。
ほんとにほんとに怖いんです。
もうこれはある意味病気か障害だと思う。
治療の対象にするべきだと思う。
例えば高所恐怖症とかあるじゃないですか。
ああいう風に、きちんと症状として認めてほしいです。
高所なら行かないという選択をできるけど、生きてる虫は
こちらに選択権がないのですよ。


4月からひとり暮らしを初めて、何もかもすべてが楽しくて、
いやなことなど何一つなかったのだけれど、今回初めて
つらさと苦しさを感じました。
そして、一回真剣に元相方に連絡すること考えました。。。
怖いこわい。


とりあえず明日誰かに家にきてもらうこと、そして
ホウ酸団子をさらに買い足して、落ちがないように
部屋におきたいと思います。



…実は今朝職場の人から

「どうしたの?頬がごっそりこけてるよ?」

って言われて…。
これでわたしがどれだけ虫嫌いか、生理的にダメか、
少しはわかってもらえるでしょうか。


はぁ、つらかった。
もう2度と2度と出ませんように。



※コメントをくださる方、すみませんがあの虫の名前は
 絶対に書かないでください。
 名前を見るだけでもいやなんです。
 すみませんがよろしくお願いします。








テーマ:( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー! - ジャンル:日記

【2009/09/02 23:56】 | 泣いて | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<今日はお休みです | ホーム | 中級ダイバーになる!その2>>
コメント
No title
おはようさんです。
毎年、あったかくなる前にバルサンするといいですよ。
煙のタイプよりもスプレータイプの方が使いやすいです。

結構、匂いが強いけど、ずっと窓空けておけば消えるし
効果ありますよ。
【2009/09/03 05:52】 URL | タッカー #-[ 編集] | page top↑
No title
お疲れさまです( ´ ゝ `)

私は虫が苦手な女の子からよく「ヤツが出た!!」と電話を
もらうくらい虫上級者です。
教室で虫が出ても怯える男子に代わって追い払い役を
やっていました(∇)

まぁでも、そんな私でもヤツが出るのは嫌ですね。自分
で退治して処理出来ますが、見た瞬間はゾッとする物が
あります。なんなんでしょ。
しろちさサン、ヤツにビックリして倒れたりケガしたり
しないで下さいよ(´Д`)
所詮ヤツは武器も持たないチビなんですから。

虫平気なクセに特に有益なアドバイスはありません。
知りません。ごめんなさい(*人*)
お、お気をつけて…
【2009/09/03 11:16】 URL | 猫田 #BKd8YO.Y[ 編集] | page top↑
No title
ぼくの身近にも苦手なひとがいます。

深夜に突然電話がかかってきて
「出たんだよーっ!どうしよう、どうしよう・・・」って。

正直そのときはちょっと迷惑でした(笑)

でも考えてみたら、ぼくもひとりでいるときに出ると結構うろたえますね。
とりあえず、部屋でそいつから一番遠いところに避難します(笑)

男でさえそんなですから、
やっぱり女の子にとっては死活問題なんですよね。

しろちささんの切実な願い・祈りが深くこころにしみました(笑)

おっと、笑い事じゃないんですよね。
アドバイスでもないですが、
いつでも退治しにきてくれるひととのコネクションが大事なような気がします。
なかなか難しいですねどねぇ・・・。
【2009/09/03 23:30】 URL | やきのり #88l5hJAw[ 編集] | page top↑
タッカーさん、こんばんは。
ずいぶんと遅くなってしまいました(+o+)!
ごめんなさい~。

バルサン、したんですよ…。
引っ越す前、4月にね。
だし、あの大きさは絶対この家で育ったんじゃないです。
だってそうだったらもう少し小さい段階で目撃してそうだもん。
そうじゃないから、どっかから来たんだと思います。

なので、知り合いから教えてもらった最強のだんごを
大量購入し(笑)、部屋のいたるところに配置しました。
これで大丈夫になるといいんですけど・・・。
【2009/09/06 22:57】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
猫田さん、こんばんはー。
遅くなっちゃって失礼しましたー(>_<)。

虫上級者…。
うらやましいです。
実にうらやましいお話です。

>しろちさサン、ヤツにビックリして倒れたりケガしたり
>しないで下さいよ(´Д`)

見事に体調崩しました…(-_-)。
食欲もなく、眠ったつもりが熟睡できていなかったらしく、
見た初日の翌日は顔がごっそりこけていたというし…。
今は口中に口内炎ができて、リンパもはれて、なんだか
もうどこまでやられてるんだ!って感じです。。

武器も持たず、小さい、その通りなのですが、
そういうことではもうどうにもならないんですよね。
生理的な恐怖感で、論理が適用できないのです。
すごくいやな例えだけれど、例えば襲われた女性が
PTSDで男性全般怖くなっちゃうって聞くでしょ。
あれも

「男性全部が悪人なわけじゃない」

とかって言っても、もうその恐怖感たるや
どうにもできないものだと思うんです。
大声を聞いたり近い距離にいるだけで「びくっ!」って
してしまって心臓ばくばくして倒れそうになる…。
言ってみたら、そんな感じなんです。
大げさと思われるかもしれないけれども、本当に
わたしにとったらすごくすごくつらいことです。

虫だって生きてるんだから、とかも言われて、
ほんとにその通りだと思うんだけど、もう謝るしかなく…。
こんなにおびえないで生きられるようになったら
どれだけ楽か…。


はぁぁぁぁ。
暗くってすみません。
でも、とりあえずなんとかこれからもひとりで
がんばって生きていきます。

【2009/09/06 23:05】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
やきのりさん、こんばんは。
こちらではお久しぶりです!
なのに遅くなっちゃってごめんなさい~(>_<)。

あ、迷惑おかけしてすみません…(笑)。
でもねー、ほんとねー、ひとりで誰にもそのこと
言えないのって発狂しそうですね。
電話で話せるだけで、ずいぶん救われました。
けどほんと泣きそうだったけど。。

で、意外にも女性で虫大丈夫な人多いみたいです。
昨日うちに泊まった友だちも、昨日会った別の友だちも
大丈夫って言ってました。
うらやましい。。
そうなれたらいいなー。ほんとに…。

>いつでも退治しにきてくれるひととのコネクションが大事なような気がします。

ほんとですね!
そしてそういう人を複数確保しておくことが
非常に重要だと思われます(笑)。
いやー今回は本当に助かりました。
そしてもううちでは二度と出さないぞ!!

【2009/09/06 23:24】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/1219-45eae72c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。