スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
さっき、母から連絡がありました。
ほとんど連絡を取らないわたし。
そんな母子関係。
いや、母は連絡ほしがってると思いますけど…。


さて、その内容は。





今日病院に行ったところ、黄疸が出ていて、数値もかなり悪くて、
このまま飲み続けたら、あと2カ月で入院か命も危ないと言われたそうです。
去年の年末の肝硬変で入院し、死にそうになってたのはまだ
記憶に新しいところ。
退院してからも飲み続けてたわけですね。


とりあえず今日が最後と思って飲んだらしく、かかってきた電話の声は
相当にへろへろ。
そして、生きていることに対する執着のなさ、自分が死んだ後のことを
相談したい、ということなどをずっと聞いていました。


生きてても、お酒飲む以外に楽しみがないんですって。
でも、もしわたしが孫を産んだらすっぱりやめるんですって。
けどそれは無理なんでしょ?と聞かれ、即答で「うん」と答えました(-_-;。

あとは、わたし(=しろちさ)にとっては別にいてもいなくてもいいんでしょ?
とか、しろちさはひとりで生きていけるんでしょ?とか。
まぁ酔っぱらっているとは言え、これまでの不満もあるんでしょうなぁ。



申し訳ないと思う気持ちもありつつ、母が生きようと思う理由を
わたしだけに求められても正直困る、と思います。
母が生きる理由は、母が自分で持つものだと思うから。
今、わたしが弱っている母に

「いないと困るよ、わたしが困る」

と耳に聞こえのいい言葉を言ったとして、それってどうなんでしょう?
それでも、わたしは今とほとんど変わらず連絡もしないと思う。
そしたら、それって余計つらいですよね。
もちろんわたしが頻繁に連絡するようにすればいいんでしょうけど…。


わたしってちょっとおかしいのかなぁ…。
もう今しかないかもしれないから、って親孝行をした方がいいのでしょうか。
母に対する気持ちは複雑で、自分でもよくわかりません。



…とりあえず、今度の日曜日に母が今の家に来ることになりました。
そこでまた久しぶりに会って、ちょっと話を聞こうと思います。



なんか、ほんとにそういう年なんだなぁ…。






テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2009/08/03 23:14】 | 考えて | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<ありがとうございます | ホーム | 最近はまっている本>>
コメント
No title
こんばんは。

わたしは実家で両親と暮らしてますが、精神的にはしろちささんと近いような気がします。
母とわたしの心の距離は、違うんだろうなーと思うことが多いです。
母は子どものために命をくれると言うけど、わたしは母のために命あげれないと思う。
親不孝なのかなー?

って、ちょっと違いましたかね?

ずれたこと言ってたらごめんなさいです。
【2009/08/04 01:16】 URL | ちょんまげめがね #iL.3UmOo[ 編集] | page top↑
No title
お早う御座います。

我が軍曹家。基本的に毎日電話し、その時家にいる家族とは全員話すのが普通です。結束は強いほうだと思います。
そんな家族の一員である私の気持ちが分からない(でしょう?w)様に、私もしろちささんの気持ちは分かりません。価値観は人それぞれで、「絶対に正しい」というものはありませんから。

ただ、失ってから後悔する人達は大勢見てきました。
「ありがとう」ではなく、「ごめんなさい」で送り出す人たちです。
稀に、「何も感じていない人」にも出会いますが。。。


>もう今しかないかもしれないから、って親孝行をした方がいいのでしょうか

そんな気持ちなら、しない方が良いと思います。それは親孝行ではなく、「親孝行のフリ」。何もしないより、はるかに失礼だと思います。
心から自然と湧いて出るものでなければ意味が無いと思うのです。
【2009/08/04 09:11】 URL | 軍曹 #-[ 編集] | page top↑
No title
家族の形はそれぞれですからねぇ~。

うちだって…と話せばキリがなくなってしまいます(-ι- )
親孝行の形もそれぞれ。

「行われない善意より行われる偽善」って好きな言葉なのですが
その対象が家族や親しい人の場合はどうなんでしょう。
軍曹さんのコメントでふと考えてしまいました。

まぁどうしったって、失った時は誰もが少なからず後悔すると思います。
しろちさサンは後悔出来る人だと思いますのでしろちさ風に生きてください。
…何、この生き方指南(・∀・)ネコタノクセニ


では、またv-353
【2009/08/04 11:11】 URL | 猫田 #BKd8YO.Y[ 編集] | page top↑
こんちは
忙しい上にお母さんのこともあるから大変ですね。

親不孝を絵に描いたような私には、何も言う資格
はないのですが、病気だと精神的に不安定に
なるのは確かです。

特に内臓やられると体の中から元気が出てこなくて
私も一ヶ月入院した時に、3週間くらいはこの世の
終わりみたいな気持ちでいました。

病気になって、ちょっと不安になったり、寂しくなった
のかもしれませんね。 お母さんの回復お祈りします。
【2009/08/04 14:29】 URL | タッカー #-[ 編集] | page top↑
ちょんまげめがねさん、この記事にもコメント、ありがとうございます。

そっかー、ちょんまげめがねさんは実家にいらっしゃるんですね。
そうすると、またまた家族とか母親との関係って
ちょっと微妙なものがあるでしょうね。
ある程度の距離があって初めて冷静になれる部分ってあるし。


たとえば母が今入院して、介護が必要になったとして、
わたしは実家に帰るのかなー?
そういうことを考えても、ちょっとよくわかんないですね。
でも、わたしが病気になって、入院したら、母は来るんでしょうね。

うーん、やっぱり親不孝なんでしょうか…(^_^;。


ぜんぜんずれてないと思います。
ありがとうございます。
【2009/08/05 22:48】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
軍曹さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。嬉しいです。

>基本的に毎日電話し、その時家にいる家族とは全員話すのが普通です。

まじですか!
これはびっくりした~。
家族の形にはいろいろあるとは思うけれども、
ほんとにずいぶん違うんですねー。
で、こういうご家族の軍曹さんから見たら、わたしのこの記事なんて
腹立たしいぐらいなんだろうなー。
それなのにコメントくださるのが嬉しいところです。
いつもながら。
軍曹家のやり方の押しつけがあるわけでもないし。


ただ、やっぱりこれまでのいろいろな関係があって…。
家族だからこそ、冷静になれない部分もあります。
それと、母には夫がいるしなぁというのも大きい。
わたしの父ではないけれど、母には夫。
わたしの母は、母である前にひとりの女だ、っていうところが
たぶんあるし、わたしもそれに慣れていて、だから余計に
こういうときに「庇護される(?)べき母」という構図に
なるのか?ってのがどうも…。

母は母。
わたしはわたし。
そうやってこれまでの生活をしてきたのに、急に生きる意味を
「娘」のわたしに求められてもなぁと思ってしまったのです。

>それは親孝行ではなく、「親孝行のフリ」。何もしないより、はるかに失礼だと思います。

おっしゃりたいことはわかります。
たぶん同じ趣旨なのが、わたしが

「いないと困るよ」

って安易に口に出せなかったことだと思います。
言うのは簡単だけど、そのあとの行動が伴わなかったら
それが「口だけ」なことがすぐわかるし、余計にひどいなぁって。

でもね、この後猫田さんも書いてくださってますけど、
じゃぁわたしがこのまま何もしないのと、せっせと実家に帰ったりして
母と頻繁に会うようにするのと、どっちを母が喜ぶかって言ったら、
それはもう当然後者だろうとは思いますよ。
軍曹さんのおっしゃるように、そこに「心から自然と湧いてくるもの」が
ないとしても、行動として、それを受け取る母は嬉しいと思います。

っていうぐらいね、軍曹さんとうちの家族の土台が違うんだと思います。
軍曹さんちの家族でこんなことが行われたら、その気持ちのなさ?が
すぐばれちゃうんだろうし、そんなのないだろ!って怒れるような
関係があるのかな?と思うんです。
でも、たぶん今の母とわたしには、それすらないんですね。


まぁでも…。
とりあえず今度の日曜日に母と会いまして、話しまして、
それで今後のことを考えたいと思います。


コメント、ありがとうございました。
(また遊びにきてくださいねーーー!!!)

【2009/08/05 23:01】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
猫田さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

家族の形、ほんとにさまざまですね。
さすがに軍曹さんの「毎日電話」にはびっくりしました!
わたしの「数年実家に帰ってなかった」ことも周りの人には
かなりびっくりされることのようですけど(^_^;。

>「行われない善意より行われる偽善」

なるほどねぇ。
やっぱり、相手との関係性によるんでしょうね。
わたしも軍曹さんのコメント、猫田さんのコメントを読んで
考えちゃいました。
軍曹家では「行われる偽善」はありえないんでしょうね。
でも、しろちさ家では、たぶん「行われない善意より~」が
当てはまるのだと思います。

後悔することを考えてその前に親孝行らしきことをするのは、
まぁほんとに偽善というか、自分のための行動ですよね。
それはさすがに抵抗があるんです(^_^;。
でも、それでも、それすらないよりは母はいいのかな、と思うと
それもわからなくなってくるし…。

難しいですなぁ、家族って。


コメント、ありがとうございました。

【2009/08/05 23:07】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
タッカーさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

うーわー…。
ちょっとねー、がつんときましたですよ。
ダイレクトにきたというか。

>特に内臓やられると体の中から元気が出てこなくて

この体験談は…なんとも。
母に対して「急になんだよー」って感じで思ってた
自分に、別の視点をくれた気がしました。
そういうこと、ありますよね。
体とこころの不調ってどっちもすぐつながるもんなぁ。
そういう自分の体験も、思い出しました。

日曜日、たぶん電話を受けたときよりちょっとは
やさしく?なれそうです。
ありがとうございました。



【2009/08/05 23:11】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/1188-0fd743e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。