スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
沖で待つ
著:絲山秋子

「勤労感謝の日」と「沖で待つ」の2編。
わたしは「勤労感謝の日」にずきゅんとやられました。

36歳、仕事ナシ男ナシの恭子さんがめちゃくちゃかっこいいんです。
いや、まじで惚れちゃうぐらいです(笑)。
対してこの恭子さんがお見合いする野辺山さんが、ほんと最悪なんです。
いや、まじで殴りたいくらいです(^^;。

絲山さんの本は初めて読みましたが、すごくスピーディーで
軽そうなんだけど一本芯はあって、とてもよかったです。
またほかの本も読みたいなぁと思う作家さんと出会えました。

読むきっかけをくださった「本のある生活」のjuneさんに感謝です。

3.5点(5点満点)
こんな旅のお供に:あっという間に読み終わってしまうので、通勤電車で?



沖で待つ 沖で待つ
絲山 秋子 (2006/02/23)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/03/08 21:16】 | 読んで | トラックバック(2) | コメント(5) | page top↑
<<2月24日その3-なぜ板門店か | ホーム | 2月24日その2-板門店へ行こう>>
コメント
しろちささん、こんばんわ。
記事の中にリンクまで入れていただいてありがとうございます。とても好きな本なので気に入っていただけて、すごくうれしいです。

どちらも主人公の女性が男前でかっこよかったです。
でも、私も見合い相手の野辺山さんは殴りたくなりました!
【2007/03/10 23:48】 URL | june #-[ 編集] | page top↑
野辺山さん・・・そうですよね(笑)。

男前な女性ってのは、やっぱり男性には
あんまり好かれないんですかねぇ?
友だちとしてはいいけど、ってやつかしら。
わたしが韓国に一緒に行ってる友だち3人は
言ってみればみんな「男前」傾向にあります。
みんな小さい頃は女の子となじめなかったんだけど(笑)、
それぞれ年を取って何とかなるようになってきました。

そんなこともあって、恭子さんにむちゃくちゃ
感情移入しちゃったのかもなぁ。

またオススメ本を教えてもらいに伺いますね!
【2007/03/11 10:48】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
はじめまして、男前ですか、あはは。
友人は主人公の九州のライバル会社に勤めています、バブルの後は大阪の営業所に来て現場を飛び込みで回る毎日だとか。
【2007/06/16 23:00】 URL | 神五郎 #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
短いので読み返しました。福岡きんぺんの地名が出てきて懐かしく思いました。
【2007/06/16 23:13】 URL | 神五郎 #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
神五郎さん、はじめまして。
ようこそいらっしゃいませ!

正確に言うと「男前」ではなくて「おっとこまえ!」ですね(笑)。
福岡はトランジットで上陸しただけなので、一度行ってみたいと思う街です。
ベタだけれども、ラーメンとか屋台とか、おいしいもの食べに行きたいなぁ。
そのときにはこの本を持って行きたいと思います。
【2007/06/17 17:58】 URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://joojooj.blog83.fc2.com/tb.php/112-44094534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「沖で待つ」絲山秋子
タイトル:沖で待つ著者  :絲山秋子出版社 :文藝春秋読書期間:2006/12/04お勧め度:★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]仕事のことだったら、そいつのために何だってしてやる。そんな同期の太っちゃんが死んだ。約束を果たすべく、私は彼の部屋にしのびこむ-。仕事 AOCHAN-Blog【2007/03/09 22:25】
「沖で待つ」絲山秋子
沖で待つこれはよかった!もちろん芥川賞をとったくらいなのだから、いいのは当然と言われたらそうなのですが、わかる!すごくわかる!と、これを理解できるのは私だ!くらいの勢いで共感してしまったのです。気づくと涙がボロボロこぼれていて、でもそれは人が死ぬ話だ.... 本のある生活【2007/03/10 23:49】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。