スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
小春日和に、ひきこもり
昨日は午後早退して、今日はお休みをもらっちゃいました。
心臓の痛みに加えて、胃の痛み、さらには立ちくらみがあり、
いろいろな人から

「顔色悪いよ?」

と・・・。
で、帰ってはみても病院に行くようなものでもないので、
ひたすらに寝ました。
とりあえず精神的なものがあるのは間違いないにしても、
体が疲れていることも事実なんです。
なので、とにかく休養。
そしてたまにパソコン開いて、コメントやトラックバックに小躍り(笑)。
ありがとうございます。
すごく励まされております。


・・・本来の仕事はとっても楽しいのになー。
なんだか悲しいです。
でも、しょうがないものはしょうがないとあきらめて、
気にせずやっていけるようにします。
そして楽しい本をたくさん読みます!!

とりあえず読み終わっていてアップできてないものがまた
たまっているので、それをちょっとやろうと思います。
仕事休んでこんなことを・・・(笑)。
いや、気にしない気にしない(^^;。

ということで、いつでもだれからでも楽しい本のおすすめお待ちしています!
過去ログなんか気にしないでください(笑)。
「こんなのあるよ?」と声をかけてもらえるのが嬉しいので。

さてー前に読んだ内容を思い出すぞーヽ(^o^)丿
スポンサーサイト

テーマ:働く女性 - ジャンル:就職・お仕事

【2007/01/31 15:18】 | 泣いて | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
民子
著:浅田次郎

えー、多くの方が「ベタだな」と思ってくださっていると思います(笑)。
そう、もうこれは読むしかないです。
配達あかずきん」の中で、なんとも
ステキな取り上げられ方をしている本です。
読み終わるのに10分もかかりません。
でも、ものすごい愛を感じます。

えぇ、そんじょそこらの恋愛小説よりも、よっぽど愛です。
表題の「民子」以外にも2作入っていますが、それもまたステキ。
民子は人間と猫との関係という点で秀逸ですが、「キャラとトモコ」が
たったこれだけの文章で伝えていることが、なんとも深い。

本当に、じっくりじっくり何度も読みたくなりました。
ぜひ「配達あかずきん」を読んで、その後にこの本を読んでみてください。
あ、逆もありかも。
とにかくセットで読むことを強くおすすめいたします。
はぁ、いいなぁ。。。

4点(5点満点)
こんな旅のお供に:台湾の猫喫茶で??



民子 民子
浅田 次郎 (2001/09)
角川書店

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/30 21:54】 | 読んで | トラックバック(3) | コメント(6) | page top↑
配達あかずきん 成風堂書店事件メモ
著:大崎梢

ほ、本屋さんになりたい・・・(笑)。
思わずそう思ってしまいました。
本屋さんで働く店員さんが主人公の、ミステリーありほのぼのありの
ステキなお話です。

最近仕事で行き詰ってるせいか、ものすごくバイト生活時代が
なつかしくなっているんです(^^;。
最近はプリズン・ブレイクにはまってよくレンタルビデオ屋に行くので、
バイト時代を思い出しちゃってたんですよね。
ビデオ屋でもね、けっこう聞かれるんですよ。

「1ヶ月くらい前にテレビでやってて、ほら、あの、
かっこいい俳優さんが出てるやつ!」

とか。
そのぐらいわかるだろーって思うでしょ?
でも実は深夜にやってるすっごいマイナーな映画だったりするんですよ。
そしてテレビって深夜にけっこう映画やってるから、1ヶ月前ともなれば
もうぜんぜんわかんないんですよ。
おまけに1ヶ月前ってのもものすっごい違ってたりするし(^^;。
「かっこいい俳優」ってのもまったくヒントなしに近い(笑)。

でもわたしのバイト歴で、文句なしに一番楽しかったですね。
それこそこの本で出てくるみたいに、ディスプレイを工夫したり、少しでも
お客さんが作品を見つけやすいような並べ方を考えたり・・・。
それまで全然借りられなかった古~い作品が、特集コーナーに
並べた途端に借りて行かれたときは嬉しかったなぁ。

ということで本屋さんの経験はないんですけど、なんだか
ものすごく親近感を持って読みました。
「6冊目のメッセージ」という短編には、にやにやどきどきしてしまって
家で読んでよかったとつくづく思いました(^^;。

続編も出ている模様。
早速に図書館に予約します!

4点(5点満点)
こんな旅のお供に:オールマイティにオッケー!
TBさせていただいたサイト:

道草読書のススメ


本のある生活

たりぃの読書三昧


ヘタレオオカミの文庫生活




配達あかずきん 配達あかずきん
大崎 梢 (2006/05/20)
東京創元社

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/29 22:16】 | 読んで | トラックバック(3) | コメント(4) | page top↑
本でも解決しない事態
最近暗い話題ばっかり・・・。
残念なことに、今日もそうです。

わたしにとって、本は万能薬でした。
仕事でめちゃくちゃへこんでも、電車に乗って本を開いた瞬間に
その世界に没頭。
ストレスから解放されました。
本さえあれば、かなりのストレスは解消できていたんです。

それが、ここ数日その薬が効かないんです。
本を読んでいても、気がつくと仕事のことを考えていて、
字面をなぞっているばかり。
そのことに気づいて、そんなに仕事にとらわれている自分に
またへこんで・・・。
悪循環ですね。

今日は少し早めにふとんに入って、ゆっくり本を読みながら、
リラックスして眠りにつきたいなぁと思っています。

わくわくするような本、癒される本、おすすめの本があったら
ぜひぜひ教えてくださいね。

テーマ:働く女性 - ジャンル:就職・お仕事

【2007/01/28 21:52】 | 考えて | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
異動
先週に引き続き、休日出勤でした。
今週は水曜日からずっと打ち合わせや会議が夜続いていて、
かなり体力的に厳しいです。
持病(?)の心臓もかなり痛んでいます。

小学生のときからある一定期間痛くなるんですよ。
検査によって不整脈だと言われたり、筋肉痛だと言われたり、
狭心症(←一応最新)と言われたり。
でも、今のところ有力なのは疲れやストレスがたまったときに
出てくる症状、ってことです。

今週行われた上司のヒアリングの感触で、同じ部署の
カリスマ的な(?)先輩が異動しそうなことがわかりました。
そうすると実質的にわたしがリーダー格になります。
まだ3年半のペーペー、おまけに組織全体での年齢は
もっとも若いのに・・・。
そのプレッシャーがけっこうきつくて、仕事もかなり
たまってて、なんだかぐったりしています。

相方は、実家に転職についての説明に行きました。
さっき電話で話したら、すごくいい声をしてました。
自分の将来のことを、流されずに自分でデザインするのって
すごくしんどいけど、すごく楽しいですよね。
その真っ最中なんだなぁと思いました。

そして、わたしは・・・。
これからの何年間かが、けっこうな勝負どころになりそうです。

テーマ:働く女性 - ジャンル:就職・お仕事

【2007/01/27 23:29】 | 考えて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あなたの意見はなぜ通らないのか-相手に信用される説得、交渉の技術-
著:島田士郎

ちょっと仕事で行き詰った感があったもので(^^;、読んでみました。
でもタイトルからイメージしてた内容とちょっと違って残念。
「説得、交渉の技術」よりも、「言わなきゃ伝わらないんだ!」という
ところにかなり力点が置かれていました。
それっていつも言い過ぎるわたしにはう~ん・・・って感じで。
もうちょっとやわらかく伝えるための方法とか、そういうことを
期待していたんですよね。

ま、こういうノウハウ本はターゲット設定から外れたら
しょうがないですからね。
わたしの選択ミスでした。

3点(5点満点)
こんな旅のお供に:旅というより出張??



あなたの意見はなぜ通らないのか―相手に信用される説得、交渉の技術 あなたの意見はなぜ通らないのか―相手に信用される説得、交渉の技術
島田 士郎 (2005/11)
日本文芸社

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/26 23:57】 | 読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人事
来年度に向けて、上司のヒアリングが行われています。
組織のトップであるこの上司、今年度からなんですけど・・・。

人間的に信用できないと思ってしまうような態度や言動が頻発するのが痛いです。
そして、わたしの部署は彼に目の敵にされています。
彼にとって気持ちのいいことばかりではなく、むしろ必要と思えば
上司を責めるようなこともどんどん言うからです。

その点、隣の部署のある女性は非常に「お気に入り」です。
彼女のための人事か!?ということが行われそうな噂まで流れています。
反面わたしの部署はこの2年ぐらいをかけてどんどんひどいことになりそうです。

やった仕事の内容がまずくて評価が下がるならともかく、こういうのって
納得しづらいですよね。
でも、これが組織??

モチベーションが大変に下がるので、今日もまた外部のネットワークを
つくるための集まりの打ち合わせに行ってきます。
あーそれで充電だーー。

テーマ:働く女性 - ジャンル:就職・お仕事

【2007/01/24 18:03】 | 怒って | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
岐路
今日は、時間をかけて相方の人生相談に乗りました。
彼はいま、これまでになく真剣に今の仕事を辞めることを考えています。

「これまでになく」ということは、これまでも考えてきてはいたわけで、
わたしもその度にいろいろと思うことを伝えてきました。
でも、もうこの段階まできたら後は本人の話。
わたしはどんな結論にせよサポートするだけです。

とりあえず、いざというときはお婿さんにしてあげるということと(笑)、
プーになった場合にお金は貸してあげるね、ということを伝えました。

一時はわたしの方が転職願望高かったんですけど、いつの間にか
相方の方にその波がいった模様(笑)。

まぁ、ゆっくりと見守っていきたいと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

【2007/01/23 23:39】 | 考えて | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
プリズン・ブレイク7
おーい、ここで終わるんかぁいっ(>_<)!
と、誰もが叫んだことでしょう(笑)。

しかもさー、プリズンブレイク見てるのに24のシーズンⅤの
第1話を入れられてもどうにもできないよ・・・。
と、ぶつぶつ。
相方は

「今から行くか!借りに行くか!」

と張り切ってくれましたが、お鍋に日本酒どぼどぼ入れてたので
車の運転はダメだし、冬空にチャリを飛ばすのも危険なので
断念しました。

そうそう、相方のひざ、半月板が断裂してまして(笑)。
って笑ってる場合じゃないんですけど、2ヶ月くらい前から
痛い痛い言ってて、2個目の病院でMRI撮ってわかりました。
なんか手術が必要みたいでねぇ。
大変のようです。
入院もちょっとするみたいなので、

「そのときは着替えとか持ってってあげるね。新婚ごっこだね☆」

と、まったく人ごとのように言っておきました(笑)。

・・・と、今日もまたプリズンブレイクとはあまり関係なく。。
すみません。



プリズン・ブレイク コレクターズ BOX2 プリズン・ブレイク コレクターズ BOX2
ウェントワース・ミラー (2006/12/16)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2007/01/22 23:45】 | 観て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
原題は「My Big fat Greek Wedding」。
ギリシャ系の女性がアメリカの男性と結婚するまでの
いろいろが、ほぼ実話を元に描かれています。

結婚に対する文化って、本当にいろいろ。
わたしは幸いにも親がまったくこだわりない家庭なので、
相方と同棲なんかできちゃってますが、同じ世代でも

「ぜったい、むり。ありえない」

って言ってる子、けっこういますからね。
親に許してもらえないんだそうで。

それにしても、ギリシャがこんなに家族を大切にする文化だとは
知らなかったので、おもしろかったです。
でも考えてみればトルコの隣なんですよね。
トルコとちょっと似ていたなぁ。

そうそう、似ていると言えば!!
主人公と結婚するアメリカの男性、一応男前ということに
なっているんだけど・・・。
何をどうやってどう見ても、闘利王なんです(笑)。レッズの。
おもしろいぐらいに似ています。


家の頭は父でも、それを支える首は母。
首次第で顔はどちらにも動く・・・とか、
なるほどな~と思う言葉がいろいろ出てきます。

ゆったりした午後にどうぞ。



マイ・ビッグ・ファット・ウェディング マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
ニア・ヴァルダロス (2006/07/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る
【2007/01/21 17:49】 | 観て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これ、な~んだ?
ふふふふふ。
このブログで初めての写真です。
それがこんなんでいいのかという気はしますが(笑)
とりあえずいいのです。

V6010182.jpg


・・・なんだかわかりますか?
わたしの手作りでございます(おっほん)。
けっこううまくできたと思うんですけど・・・。
答えのわかった方はコメントへ!
(つきあってくれる人いるかなぁ??)

あ、別にプリズン・ブレイクの影響ではありませんよー(^^;。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【2007/01/19 20:28】 | 笑って | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
アフガニスタンに住む彼女からあなたへ-望まれる国際協力の形-
著:山本敏晴

この人の本はこれで3冊目です。
特に前回読んだ「世界で一番いのちの短い国」と、今回の本を読めば
彼の「国際協力」ということに対する考え方の大枠がわかります。
そして、わたしはその彼の考えにとても共感しています。

「本当に意味のある国際協力」

彼はそれを求め続けています。
医師として現地で活動したり、彼がいなくなった後もその場で使い続けられる
システムを作ったりする中で、その意味を考えているんです。
そして今は「宇宙船地球号」というNPO法人をつくり、また毎日更新される
ブログで考えを表明し続けています。

特にこの本の中で衝撃的なのは、「世界」という視野で考えたときの
子どもを産むことの意味です。
それは、このまま世界中で人口が増え続けたら、間違いなく人類は重大な
破局を迎えるということ。

今、日本では「産めよ生やせよ」ですよね。
超高齢社会に突入する今、子どもを産むこと、育てることに関する
施策はどんどん進み、

「子どもを産みたがらない若い女性たち」

というような報道のされ方もしています。
子どもがたくさん産まれないと、日本社会はもう成り立たないという
考えが主流です。
でも、日本にとっての意味と、世界にとっての意味は必ずしも
イコールではありません。

・・・データを引用します。
今から2千年前の紀元ゼロ年には、人口はおよそ3億人でした。
1750年になって、ようやく8億人まで増えました。
ところが、最近250年の間に一気に67億人まで増え、環境学者の
試算によると、あと25年で80億、50年で100億人にまでなると
言われています。
そうなると、食べ物やエネルギーは足りなくなりますよね。

このことからまた彼は国際協力についても考えていくんですが、
わたしはまったく違った意味でこの情報に救われました。
というのは、子どもが大好きではあっても「親」になる自信が
まったく持てないわたしにとって、今の

「産まない奴は非国民だ」

とでも言いたげな(被害妄想?)風潮はとてもつらいんです。
自分たちのライフスタイルとして子どもを持つか持たないかという
視点だけでいいんだろうか?と考えていたわたしにとって、
この視点はまさに「目からウロコ」でした。
自分が日本という小さな視点でしか考えていなかったなぁと
改めて思いました。

いろいろな視点を持てることは楽しいなぁ。
そう実感できた1冊です。

4.5点(5点満点)
こんな旅のお供に:国際協力と関係ありそうな国に行くときに!



アフガニスタンに住む彼女からあなたへ―望まれる国際協力の形 アフガニスタンに住む彼女からあなたへ―望まれる国際協力の形
山本 敏晴 (2004/08)
白水社

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/18 19:55】 | 読んで | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
プリズン・ブレイク6
今日もまたひとつ白状します・・・。
職場のパソコンのデスクトップを、マイケルにしてしまいました(笑)。

最近は外に出ることがすごく多いので、中にいると
残業が長いんです。
そんなとき、マイケルを見てモチベーション上げてます(^^;。

同じ状況の方、いませんか??
マイケルが癒してくれますよ~☆
おすすめ!

(・・・vol6に全然関係ない・・・)



プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1 プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1
ウェントワース・ミラー (2006/06/16)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2007/01/17 19:05】 | 観て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プリズン・ブレイク5
レンタルビデオ屋に意気込んで突入しました。
しかし6は2本も残っているのに5がない(>_<)!!
一時返却場所を執念深く見てみるも、そこにはなし。

それでも諦めきれずに店内をウロウロし、ようやく
帰ろうか・・・と最後の最後で一時返却場所を見たら・・・

あったぁぁ!!

「プリズン・ブレイク5」と貼られたシールが
わたしの方を見て微笑んでいました。
ゴッドハンドだ~奇跡だ~とあほみたいに相方とふたりで喜び、
わくわくしながら見ました。

前までは「ちっ、アメリカっぽいぜ」とロマンスの気配になると
テンションが下がっていたのに(^^;、最近のマイケルとサラのやり取りに
どきどきにやにやわくわく(笑)。
あんまり詳しく言いませんが、とりあえず

「こんなかっこいい人がこんなことするの反則だよ~」

と、テレビの前で転がっていたことを白状します(笑)。
いろんな意味で、もう抜けられません。



プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1 プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1
ウェントワース・ミラー (2006/06/16)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2007/01/16 21:23】 | 観て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パンドラの匣
著:太宰治

「正義と微笑」「パンドラの匣」という2本のお話で成り立っています。
「パンドラの匣」もすごくよかったんですが、特に楽しかった
「正義と微笑」について。

これは、ブログです。ブログといって通じます。
太宰がこの今の状態を予知して書いたとしか思えません(大げさ)!
主人公の青年の日記形式でずっと進んでいくんですが、最初の頃は
毎日のように書くのに、時間がたってくると間隔がものすごいあいていく
ところなど、本当にリアルなブログです(笑)。

でもこの読みやすさは、これまで「人間失格」と「斜陽」しか読んだことの
なかったわたしには(ベタだな・・・)衝撃でした。
だって明るい!爽やか!青春!
青年の心の動きが、本当に見事に表現されています。
読んでいてとても楽しくて、でも日記をのぞき見ているようなドキドキも
あって、読んでいる間中幸せでした。

また「パンドラの匣」は、結核の療養所に入った青年が友だちに
送る手紙・・・という形で進んでいきます。
手紙という主観的な形式だからこそ、できたお話。
これもまた楽しくてあっという間に読んでしまいました。

若いうちにこそ読みたい。
そして、こんなに楽しく読める「きちんとした本」があるってことを
知るきっかけにしてほしい。
そう思ってしまうような、とても楽しい読書でした。

5点(5点満点)
こんな旅のお供に:グループで回し読み、個人でゆっくり、何でも!



パンドラの匣 (1948年) パンドラの匣 (1948年)
太宰 治 (1948)
育生社

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/14 16:42】 | 読んで | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
一番ほしいもの
それは、体力です。
特にこの一週間の実感として、誰が何と言おうとも・・・体力です。
いや~しんどかった。
気持ちとしてはものすごく楽しかったり充実していたにもかかわらず、
体力的にかなりしんどくて、体の疲れが脳の働きにも影響を及ぼす
実感があるぐらいでした。
さらっとふり返りますと・・・。

水曜日。
勉強会に参加。
仕事終わって(終わってないけど無理やり)ダッシュ。
ものすごい濃密なグループワークで酸欠。
終わった後の飲み会で濃い話ができて充実するも、
家に帰ったのは日付変更線を超えてから。

木曜日。
研修の打ち合わせ。
風の吹きすさぶ駅で、相手を待つこと90分。
足腰にくる。
内容もきっちり。宿題もがっつり。
家に着くのはまたも日付変更線を超えて。
だいぶぐったり。

金曜日。
ここ数日残業ができていないために仕事たまりまくり。
でも会議や、相性の悪い(笑)先輩への説明で進まず。
夜は職場の互助会の新年会。
幹事のためフル稼働。
参加者の満足度が高くて一安心も、かなり限界に近づく。
家に帰って翌日の会議のための準備をしようとパソコンに
向かうが、気がつくと意識が飛んでいる状況。
結局布団に入ったのは3時すぎ。

土曜日。
NGOの中期ビジョン会議。
策定委員としてグループワークの進行役をするが、
メンバーがよりによって大御所ばかり(笑)。
終わった後かなりの人からねぎらいの言葉をもらう(^^;。
飲み会にも参加して、23時帰宅。

・・・で、今にいたります。
本当に充実感はあるし、やりたいことやってます。
でも仕事は本当にたまっていて、来週はかなりやばい感じです。
それを考えても、体力と時間が本当にほしい。
そりゃぁお金もあればほしいですけど(笑)、この2つが
もっとあったらなぁと思うことが多くなりました。

幸せなんでしょうね。
でも、キビシイのも事実です。
食生活もよくないんだろうなぁ。

・・・体力のつくよい方法、知りませんか?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/01/13 23:37】 | 考えて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
祝 2ヶ月
11月11日という、1が並ぶ日に始めたこのブログも、
今日でめでたく2ヶ月目を迎えることができました。

三日坊主のわたしが、書けないことはあっても「書かない」
ことなくここまで続けてこれたのも、いつも見にきてくださる方や
コメントを残してくださるみなさんのおかげです!
本当にありがとうございます。
やっぱり反応があると嬉しいものですね。

けっこう偏ったこともよく書いていますが(自覚はあります)、
今後もまたお付き合いいただけたら嬉しいです。
わたしもまた3ヶ月目を目指して続けていきたいと思います。
ちなみにこのテンプレートは1ヶ月目の記念に「期間限定」で
変えたものですが、予想以上に使い勝手がいいのでしばらく
このままでいきたいと思います(^^;。

3ヶ月を達成したときには(たいしたことのない)企画
考えています。
今となっては、こんなに引っ張ってどうするんだ!と自分でも
あきれるような内容ですが、とりあえず続けようというモチベーションのために
みなさんどうぞご協力くださいね(^^;。

また、このときから始めたランキングに参加したことによって、少しずつでは
ありますがこのサイトを訪れてくださる方が増えています。
これもとってもありがたいことです。

今後もどうぞよろしくお願いします☆

テーマ:おかげさま - ジャンル:ブログ

【2007/01/11 01:23】 | 笑って | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
プリズン・ブレイク4
相方が仕事帰りに見つけてくれました。でかした(笑)!

1~3まで一気に見て、禁断症状が出ていたんです(^^;。
そして、今回。

「わーーーー!」
「あぶないっつ」
「はやく逃げてぇぇぇぇぇえええ」
「(はっ)」(息をのみました)

大騒ぎです(笑)。
見終わったあとは、2人してぐったり。
危険ですよ、プリズン・ブレイク。
禁断症状、中毒症状と戦う勇気のある方はぜひ!

また5を借りに行こ~(^0^)



プリズン・ブレイク〈VOL.4〉 プリズン・ブレイク〈VOL.4〉
ポール・T. シェアリング (2006/12)
竹書房

この商品の詳細を見る

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2007/01/10 12:25】 | 観て | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
あなたがあなたであるために-女子高生のための「書くこと」の本-
著:森絹江

「女子高生じゃないじゃん!」なんて言わないでください。
図書館で借りるときに十分恥ずかしい思いはしましたから(笑)。

「書けば書くほど嘘になる」と、書くことに背を向けた著者が
その「書くこと」を職業にし、それを続けることで迷いながらも
「女子高生」に向けて書くことの意味を伝える・・・という本です。

書けば書くほど嘘・・・そうですよね。
だってこのブログだってわたしの100%なんて出せてないし。
誰しも「これは書こう」「これはやめとこう」って選択してると思うんです。
全くの嘘を書いているわけではなくても、そうやって選択している時点で
それは「本当のわたし」ではない。
でも「どうしてわたしはAを書いてBは書かなかったのか?」そう考えることで、
自分に向き合えていくのではないか。
だから、どんなに下手でもいいし誰にも見せなくてもいいから、
正直に書いてみようよ。
・・・そんな呼びかけのように思えました。

わたしはこのブログでどんな「わたし」を作っているんだろう?
知り合いにはブログ書いていることすら内緒にしているけど(^^;、
それって「本当のわたし」を見られるのが恥ずかしいから?
それとも「本当のわたし」とあまりにもかけ離れていて恥ずかしいから?
・・・う~ん、なんか痛いとこ突かれた感じです。

3点(5点満点)
こんな旅のお供に:おうちで読みましょう



あなたがあなたであるために―女子高生のための「書くこと」の本 あなたがあなたであるために―女子高生のための「書くこと」の本
森 絹江 (1999/06)
ユック舎

この商品の詳細を見る
【2007/01/09 22:32】 | 読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
連休最終日は・・・
去年から何度か書いている、NGOの中期ビジョンを
考える会議に参加してきました。
これは、今年の目標でもある「ネットワーク作り」にも関わってくるものです。

この土日は充実したぐうたらぶりだったので(笑)
久々に頭を使ってちょっと疲れました。
でも今週はこの「ネットワーク作り」関係の会議がもりだくさん。
毎日のように夜出かけてきます。
なのでもしかしたらブログもちょっと更新が難しいかも?
できたら昼休みにこっそりやります(^^;。

ということで、プリズン・ブレイクも漫画喫茶もちょっと
おあずけになってしまいそうです・・・。
うぇ~気になるぅぅ(笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/01/08 21:52】 | 考えて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
のだめカンタービレ1~3
漫画喫茶、6時間パックの残りの1時間です。
こちらはDEATH NOTEとは反対に1時間弱で3冊読めました。

完全な個室でよかった・・・。
何回か「ふふふ」とひとりで笑ってましたから(^^;。
本当に気楽に、でもほのぼの楽しめるお話ですね。
オーケストラをやっていた昔のこととかちょっと思い出しました。
のだめの「楽しむ」音楽って簡単そうで難しいんだよな~とか。

これからがまた楽しみだなぁ。
は~また漫画喫茶に行かなくちゃ!



のだめカンタービレ(1) のだめカンタービレ(1)
二ノ宮 知子 (2002/01)
講談社

この商品の詳細を見る

テーマ:のだめカンタービレ - ジャンル:アニメ・コミック

【2007/01/07 22:31】 | 読んで | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
DEATH NOTE5~12
またまた行ってきました、漫画喫茶!
今日は気合いを入れて6時間パック。
これでようやく読み終えることができました。
約5時間で7冊半。

・・・文字多すぎっ(笑)!
漫画でこれだけ時間かかるのも珍しい。
しかもちゃんと読まないとダメなお話だし・・・。
ということで、かなり充実しましたが、かなり疲れました(^^;。

ストーリーは「よくできてるなぁ」という感じで、
頭脳と頭脳のぶつかり合い(笑)は息詰まるものがありました。
けど「ここぞっ!!」という山場というよりは、テンションが
わりと同じなので、ちょっと中だるみがあったかも?
でも、ラストを含めてなんだかさみしいお話でした。

悪い人が殺されるから、みんなそれが怖くていい人になる・・・。
これって正論のようだけど、やっぱり違う気がします。
わたしには買うんじゃなくて、漫画喫茶で十分満足。
・・・のお話でした。



DEATH NOTE (12) DEATH NOTE (12)
大場 つぐみ、小畑 健 他 (2006/07/04)
集英社
この商品の詳細を見る

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

【2007/01/07 22:21】 | 読んで | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
プリズン・ブレイク1~3
ずっとずっとずっとずっと気になってたんですよ、このドラマ
でも、はまってしまうのが目に見えていたので耐えていたんです。
その禁断の扉を、ついに開けてしまいました。。。

って大げさな(笑)。
昨日、レンタルビデオ屋にものすごく久しぶりに行ったら
たまたまvol1から3まで残ってたんですよ。
そして今日から3連休・・・。
そりゃぁ借りますよねぇ!?

そして、今日6話すべてを見てしまいました。
ものすごーいことになっています。
この人たちとっても商売上手で、偶数話の終わり、つまり
次のDVDに行くときの回をものすごいところで止めるんです(笑)。
はぁぁぁ気になるよー。

それにしても、こんなに真剣に「ドラマ」を見るのは
ものすごく久しぶりです。
いつもは本ばっかりだけど、たまにはいいなぁ。



プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1 プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1
ウェントワース・ミラー (2006/06/16)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2007/01/07 00:10】 | 観て | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
サウダージ
著:垣根涼介

「ヒートアイランド」「ギャングスター・レッスン」シリーズの3作目です。
でも、今回はいつも以上にバイオレンスでした。
わたしの読書時間は、基本的に通勤電車の中です。
気になって家でも黙々と読んでることもしばしばですが(^^;、
仕事に向かう朝からこれはしんどかった・・・。

でも、疎外されて生きていくこと、自分との関係性という枠組みでしか
世の中を感じられないこと、そして自分に自信を持つことなど、
この作者の話に必ず出てくる中南米などに渡った移民の問題を考えると
目を背けてばかりもいられません。
今の日本で、過不足なくきちんと自信を持って生きていくことは、
けっこう大変なことですね。
周りにいるかな?そういう人。
ロールモデルになるような大人も、少ないよなぁ・・・なんて思ったりして。

それにしても恋するアキくんがかわいかったです(笑)。

3.5点(5点満点)
こんな旅のお供に:アクティブな旅・・・!?やっぱりおうちかな・・・



サウダージ サウダージ
垣根 涼介 (2004/08/05)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/05 18:40】 | 読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
違うんです、やけになったわけでは・・・
ないんです。。
いきなり本3冊分アップしたことも、こうやって今日4回目のアップを
していることも、明日から仕事だってやけになっているわけでは・・・。
ありませんからね(笑)。

本については、ちょっとたまってしまったので少しまとめて出してみました。
最近数が少なかったってのもありますしね。

「『180冊読んだ』とかオーバーに書いてんじゃね~よ~」

と突っ込まれないように(笑)今後もちょくちょくアップしていきます。

今、BGMはチャイコフスキーの交響曲5番から6番へうつりました。
いえ、これものだめの影響では決してありません(笑)。
というか、見てなかったけどすごい人気だったみたいですねぇ。
昨日漫画喫茶でも読んでみようかなと思ったけど、その下に
置いてあった「DEATH NOTE」に敗れました(^^;。

実はこう見えて(どう見えて?)ずっとオーケストラをやってたんですよ。
小中学校は吹奏楽でしたけど。
だからクラシックはわりと聞いてたんです。
でも相方と暮らし始めてからはさっぱり。
相方はわたし以上に音楽がないと生きていけない人なので、
彼の聞きたいものを聞くに任せています。
まぁあちらも気を使ってイヤホンとか使ってますけど、
車ではそうもいかないし。
でもそのおかげで普段だったら絶対聞かないような音楽でも
けっこういいなぁと思うのに出会えておもしろいですけどね。
なのでこうしてたまに相方のいない日や、帰りが遅い日に
好きな音楽を聞いています。

そしてさっきからものすごく気になっていること・・・。
わたしはアパートの2階に住んでいますが、真下から

「それ、やらし~よ~(笑)!!」

という野太い笑い声がリフレインで聞こえてきます(笑)。
あ、今も(^^;。
たぶんそんなに大人数ではなさそうなんだけど・・・。
何してるんでしょうねぇ。
まぁ楽しそうなのはよろしいことですけど、寝るときには
お静かに願いたいものです(^^;。

・・・あ~寝て起きたら仕事だなぁ。
あっという間のお正月でした。
・・・やっぱりちょっとやけになっていたのかもしれません、ね(笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/01/03 22:34】 | 笑って | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
凸凹デイズ
著:山本幸久

わたし、この人の本がすごく好きみたいです。
ツボにがつんとはまりました。

くさくないけど、あったかいんです。
笑う招き猫のときはお笑い、今回はデザインっていう
その業界にすごく詳しいから出てくるディテールがあって、
でもそれにおぼれすぎてなくて、出てくるキャラクターがみんな
すっごい魅力的なんですよ。
読んでたら好きになっちゃう。

年明け早々大変幸せな気持ちになりました。
文句なし!
またこの人読むぞ~!

5点(5点満点)
こんな旅のお供に:ひとり旅でちょっと淋しくなった夜に



凸凹デイズ 凸凹デイズ
山本 幸久 (2005/10/25)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/03 17:14】 | 読んで | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
少女達がいた街
著:柴田よしき

さみしいなぁ・・・。さみしくて、切ないです。

1975年と1996年の2つの時代を軸にしたお話です。
20年って、どんな人にとっても長くて、何かが変わる、
変わってしまう時間なんだよなぁと思いました。

わたしの20年後。
さて、何をしているのやら。
きっとこの本の登場人物と同じように、少なくない
後悔をいくつも抱えて生きてるんでしょうね。

あ、お話はかなりミステリーです(^^;。

4点(5点満点)
こんな旅のお供に:移動時間が長いときにどうぞ



少女達がいた街 少女達がいた街
柴田 よしき (1999/04)
角川書店

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/03 17:07】 | 読んで | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
アシュリー~All About Ashley~
著:アシュリー・ヘギ

久しぶりに電車の中で泣きました。
プロジェリアという人より10倍早く年を取ってしまう
難病を抱えたアシュリーの自伝です。
何度かテレビでも取り上げられているので、写真を見れば
「あぁ!」という人も多いんじゃないでしょうか。

写真が多く、文字も大きいので30分もあれば楽に読めてしまいます。
ただ、一緒に書いてある原文の英語の文章がまたすごいよくて・・・。
日本語でまず一度読んでから、改めて英語で読み直しました。
日本語訳もうまくできていると思うけど、やっぱり「訳」なんですよね。
彼女が書いた文章からこそ、伝わってくるものがあるような気がします。

・・・プロジェリアは、体だけでなく精神的にも10倍の成長を
もたらすものなんだろうか?
そう思ってしまうほど、いつもの自分が恥ずかしくなるくらいに
14歳のアシュリーは大人です。
「ポジティブ」だけでは表現できない、その裏の落ち着きやある種の
あきらめ・・・ではないんですけど、すべてを受け入れているということが
彼女の文章から伝わってきます。

たぶんわたしは彼女のことを「すごいね」って言っているだけではダメで、
彼女の生き方から何かを得ないといけないんだと思います。
もちろん人の境遇・感じ方はバラバラで、例えば

「ニートなんて贅沢だ。アフリカの子どもたちを見ろ!」

なんて議論が全く意味をなさないことはわかっています。
でも、少なくとも「わたし」は、彼女がこうして生きていることを知って
しまった責任として、何かを得て、生きていきたい。
それだけがアシュリーと何の関係もないわたしが、アシュリーに
できるただ一つのことかなと思っています。
この本に出会えてよかったなぁ。。。

5点(5点満点)
こんな旅のお供に:ぜひおうちでゆっくり読みましょう



アシュリー ~All About Ashley~ アシュリー ~All About Ashley~
アシュリー・ヘギ (2006/02/14)
扶桑社

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/03 17:04】 | 読んで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ただいま
いつもの住みかに帰ってきました。
相方はまだ実家にいるんですが、わたしは一足先に。
向こうの実家にいて寝坊するわけにもいかないし、しかも
むちゃくちゃ朝が早い家庭なので(^^;、正月だというのに
このぐうたらが早起きしてたんですよ。
ということで、明日は心置きなく寝坊します。うふふ。

さて、帰ってくる途中でお買い物してきました。
世はすばらしきバーゲンの季節です。
スカート3枚、ブラウス(?)1枚、靴1足を購入。
それでも1万円したかしないかに抑えました。
安っ(笑)!
スカート買ったのは何年ぶりかしら、というぐらい久々でした。
最近はジーンズばっかりなんです。
仕事もそれで行けるので(^^;、楽ですが社会人とは
思えない格好してます。
でも今日買ったスカートはかなり気に入りました。
あ~バーゲンってすばらしい(^0^)!

そして、こちらに帰ってきてからは買い物の勢いそのままに(?)
漫画喫茶で3時間読んできました。
会員になると3時間で800円でいいんですよ。
これまたすばらしいわぁ。
映画化されてよく名前を聞いていた「DEATH NOTE」を途中まで読んできました。
続きが気になるので、明日起きられたらまた行ってこようかな。
このぐうたらぶりがとっても正月らしくていいですよね(笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/01/02 23:20】 | 笑って | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新年の誓い
あけましたねぇ、ついに。
今年もよろしくお願いします。

さて、せっかくなので抱負を考えてみました。
思えば小学生の頃は学期ごとに立てさせられてたなぁ。
そんなに目標立てて意味あるのかって感じですが(笑)。

1 仕事以外のネットワークを広げる

仕事とまったく無関係ではないんですが、プライベートの時間も
使いながら広げていけたらいいなぁと。
ひと見知りのわたしにとってはけっこうな難関です(^^;。

2 もっと本を読む

数えてみると去年はだいたい180冊ぐらい読んでたので、
2007年は・・・200冊くらい読みたいと思います。
って夢小さっ(笑)!
でも去年より今年のほうが忙しくなりそうなので、
このぐらいにしておきます。
あまりにも挫折すると悲しいでしょ(笑)。

ということで、今年はどんな一年になるでしょうか。
まずは読んだ本をここで紹介できるようにがんばります。

テーマ:2007年の抱負 - ジャンル:日記

【2007/01/01 15:50】 | 笑って | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。